HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 白泉社

お迎えです。(全5巻)

お迎えです。 (1) (花とゆめCOMICS)お迎えです。 (1) (花とゆめCOMICS)
(1999/12)
田中 メカ

商品詳細を見る


『戻すことも 追いつくこともできないけど 私は確かにそこにいた』

以下ネタバレ感想です。


この痛みも 悲しみも辛さも 早く忘れて

忘れないで 忘れたい 忘れたくない

いつか暖かく 懐かしくなるのなら――――




田中メカ先生の作品は大好きなんですが、この作品は特に好きです。
漫画でぼろぼろ泣くことってあんまりないんですが、これは本当に号泣しました。


まず円ちゃんのキャラがいいです。
この何考えてるのかわかんない感じが!wそりゃ阿熊さんもヤキモキしますよ!
この2人の微妙な距離がもどかしく、とてもいい。

千里ちゃんの気持ちも円ちゃんの気持ちも阿熊さんの気持ちももうみんなみんな切なくて切なくて…。

ナベシマさんらしき男の子の読みきりももう感動しすぎて鳥肌たちました。
あれは…ナベシマさんなんだろうなぁ…。

その他全てのエピソードに本気で泣かされました。
亡くなった人達が皆最初の登場こそコミカルでいながら、生きていた時に果たせなかった強い思いを持っていて。
それぞれのエピソードが本当に全部素敵です。


とにかく田中メカ先生はキャラ作りも構成も本当にうまくて本当に引き込まれます。
切ないですがあったかくて幸せな気持ちになれる作品です。
生きてるということが本当に素晴らしいことだと思える。





関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/10-3686faca

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。