HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 花とゆめ

花とゆめ<13号>感想

以下ネタバレ感想です。


学園アリス
ここから先は辛い事実が待ってるだけ。
それでも蜜柑は自分の目で最後まで2人を見たいとのだっちに頼みます。
しかしのだっちはこれ以上蜜柑にこの先を見せるのは酷だと時空の窓を閉じようとします。
やっぱりここを境界にこの先は辛い出来事が待ってるんですね…。

窓を閉じようとするのっだっちを止めようとした蜜柑はバランスを崩し窓から転落。
蜜柑が起き上がると目の前にはずっと会いたかったお父さんの姿が。
ここで対面するのは意外でしたね。でも一目でもお互い会えて良かった。

お父さんが死なないように危機が迫っていることを必死に伝えようとする蜜柑ですが、声が出ません。
そこに翼先輩が助けに現れ、時空の中に戻る直前、蜜柑から絞り出たのは「お父さん」という一言でした。

辛いですね。。お父さんが死なないように必死で危機を伝えようとする蜜柑が辛いです。
甘いかもしれませんがこれをきっかけに未来が変わったりしないかなって望んじゃいますよ。
だってゆっきー想像以上にめちゃめちゃいいキャラだったんですもん。
ゆっきーの「お父さん」って呼ばれた瞬間の表情が気にかかります。それに「み…かん」って呟いたのってゆっきーですよね…?なんで名前わかったんでしょう?この時に名前決めたってこと??
お願いだから死なないで欲しいなぁ。

そして初等部校長の嘘により、信じていた先生に裏切られたと思い込んでしまったペルソナ。
ここからどんどん闇が濃くなって行きそうです。


スキップ・ビート!
いいですね^^盛り上がって来ました!
この前の電話によりキョーコとレイノがデキテルと勘違いしたショータローはイライラ状態。
敦賀さんに続きレイノまで。ライバル多いですねw
しかしショータローはレイノより敦賀さんが相手の方がましだと思ってるみたいです。
まぁそりゃそうだけど意外です。敦賀さんにだけは負けたくないと感じてると思ってたらやっぱり認めてるところはあるようです。

一方キョーコはモー子さんと2人で幸せチョコ作りタイム(笑)
キョーコもチョコ作ってるので敦賀さんにあげるのかと思いきやそのチョコはお世話になっている人達にあげる用。
敦賀さんは甘いもの好きじゃないしファンの子に大量にチョコもらうから迷惑だと思ってあげないとか…。
バカですね~(笑)
キョーコからってだけでチョコ1つもらうだけでどれだけ敦賀さんが喜ぶか…!!w

なんにもわからず浮かれ気分でチョコを作り続けるキョーコにモー子さんももんもんとしてますw
しかしそこは敦賀さんも大人。危険分子さえ絡まなければチョコ1つもらえなかったぐらいで大魔王にはならないだろう、とほっといたモー子さんですが、まさに危険分子がすぐそこに(笑)
次回またキョーコとショータローと敦賀さんの鉢合わせですかね。
更にレイノまで絡んできちゃったら拗れに拗れそうですwドキドキする反面楽しみw


モノクロ少年少女
前回右京の首ちゅーだけを拒絶した呉羽。
明らかに右京を意識しての行為ですが当の呉羽はなんでかわかってませんね。
右京もニブイようで自分だけ拒否されたことに逆にイライラ。
唯一全てをわかってるのは茅ですね。ニブイ2人を見て面白がってるようですw

そしてケダ高をトップで卒業すると人間になれることが発覚。
皆それぞれ人間になりたいみたいですが右京の人間になりたい理由というのは「お気に入りの人間の女の子を守るため」だそうです。一瞬呉羽のことかと思いましたが中等部の頃の話だそうなので違うみたいですね。こりゃ意外です。過去にいろいろあったのかな?

茅は完全に2人を見て楽しんでる傍観者的なポジションなのかと思いきやもしかしたらこれから呉羽に傾くかも、と思わせる回でした。呉羽の笑顔を見たときの表情とか。
3つの首ちゅーは絶対、ということなのでしょうがなく右京がしようとしますが、茅が右京にさせず呉羽にキス。これは右京を煽ってるからなのか呉羽に気があるのか、はたまたその人間の女の子絡みのことなのか、まだわからなそうですね~。


星は歌う
表紙の絵好きです。爽やか☆
先生の前であっかんべな聖ちゃんは大人っぽい普段と違い歳相応って感じでかわいかったです。
サクとチヒロくんはなんだか穏やかできゅんでいい感じ。

そしてユーリです。
聖ちゃんの言うように危機感ないように見えますが実際はいろいろ考えてそうですね。
今は攻める時じゃないしその体勢じゃないんだろうなぁ。
何食わぬ顔で聖ちゃんが元気ないのとかちゃんとわかっててちゃんと心配してるし。やっぱいい子だなぁ。。
聖ちゃんママ初登場でしたが濃い!!w若い!w大人のエロさを醸し出してます(笑)
ユーリに「あんたもうウチの子になっちゃえば?」ってウケるw

てかかなちゃんはどうしちゃったんですか?!
今度はかなちゃん主体の話かな?



今回俺様ティーチャーがなかったんでなんだか物足りなかったです。
次号は俺様ティーチャーも再開。
新連載に南マキ先生の「声優かっ!」です。声優の話!wチャレンジですね~w
どこまで深い所までやってくれるのかが見物です。
更に以前読みきりで載った岡田ハルキ先生の「男子ingガール!」もまた掲載。男女入れ替わりものです。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/110-4a57cac0

『花とゆめ13号(2009年)』の感想
『花とゆめ13号(2009年)』白泉社2009年6月20日発行/通巻874号/¥295+税<感想>6月は白泉社コミック誌強化月間!! と昨日唐突に決めてみました(笑)。 だって今月はどの雑誌も掲載ラインナップがスゴ過ぎるんだもんっ。 というわけで第1弾は『花とゆめ13号』。 表...

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。