HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > ジャンプ

週刊少年ジャンプ<34号>感想

以下ネタバレ感想です。


バクマン。
ものすごく面白かった!今回なんだかいろいろ詰まってました!やっぱりバクマン面白い!w
サイコーが今までで一番かっこ良く見えました。
サイコーの漫画に対する想いというのは本当に半端なものではないんですね。

それにしても亜豆が可愛すぎる…。
8年も前からサイコーのことを好きだったとは…。
そのキッカケもまたサイコーの漫画に対する想いだったんですね。
それからずっと好きだったなんてなんて一途ないい子なんですか(笑)
水泳大会のとき亜豆は「好き」って気持ちをサイコーに伝えようと視線を送っていたのだと発覚。

そんなサイコーに卒業式に突然告白されて死にそうなぐらい嬉しかった、って亜豆のシーン、なんだか泣きそうになりました。
キュンとさせられた…。
こんなにもサイコーのこと好きだったんですね。
亜豆がこんなに自分の気持ちを言うって初めてですよ。

でもこんな亜豆を前にしても漫画を前にすれば冷静になるサイコーが良かったです。
「わたしと漫画どっちが大事?」って問いにここまでハッキリ漫画だと答えるとは思いませんでした。
ここで「漫画」だと断言すること、一見「え?」と思いますが、この2人の間にあるのは「夢」なんですもんね。
こんなにハッキリと漫画の方が大事だって言われたら普通の女の子はショックで泣いちゃうだろうけど亜豆にはサイコーの言葉の意味が理解できるからあまり動じなかったんでしょうね。

でも2人の言い合いにはドキドキしました。
サイコーの態度は想定外過ぎて^^;
亜豆にメロメロだから亜豆が描かないでって言ったら揺らぐかな~と思ってましたがサイコーの意志は強いです。
それにしてもここまで強く亜豆に言うと思いませんでした^^;

そしてエイジ。
鼻の穴に鉛筆入れて落書きするなよ(笑)
サイコーが入院したと知ったエイジと服部さんは病院へ。
2人の向き合った顔に鳥肌立ちました。
もう2人はお互い認め合ったライバルなんですね。
あ~面白い!バクマン!!w

そしてそして最後のシーンがまた…。
病室で漫画を描いていると激痛に襲われるサイコー。
誰もが止めようとする中、それを制止し、ペンを持つサイコーの手を握ったのは亜豆。
誰よりも心配でしょうがないはずなのに…。そんな気持ちを抑えサイコーと2人で夢を叶えることを選んだんですね。
もうこの2人大好きです!w次号も楽しみ!w



あねどきっ
洸ちゃん男です。
危険を省みずナツキを助けようとするとは。
とりあえず問題は解決したようにも思いますが残りの30万はやっぱり謎のままですもんね~。
しっかし2人で初めての学校サボりとかなんてドキドキするシチュエーション!w



べるぜバブ
キタ!!!古市!!!www
マジでかっこいい~~~~!!!www

市民プールに来た男鹿と古市。
男鹿が呆けてる間に古市が寧々と千秋に遭遇。
この女の子達2人のリアクションがなんかいい!!wどっちかとくっつくフラグと受け取ってもいいですか!!(笑)
てか古市ってタラシって設定だったんだw女好き設定に萌えたww

3人でお茶を飲んでいると柄の悪い古市の先輩達が。
ムカつくこと言われてもへらへらしてた古市ですが、そいつらが女の子達に絡みだした途端ジュースぶっかけ!!ww
めっちゃ笑顔だけど怒ってる!かっけーーー!!!wwww
ジュースぶっかけといて「暑いっすね」ってのがまたなんともw
自分のことなら我慢出来るけど女の子達に手出されたら怒るんですね!
いい!こういうのいいです!!wやる時はやる男ですね~。

しかし絶対勝てない!w
女の子達の方が強いんじゃw

とにかく古市にスポット当ててくれて嬉しいです。
古市がどうするのか楽しみ。



銀魂
久しぶりに1話完結ものですね。
今回は万事屋の蜂の巣駆除w
やっぱり万事屋だけの依頼解決ネタも好きです。
これからもどんどんやって欲しい。





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/139-c6cebcea

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。