HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > ■ライトノベル感想

“文学少女”と死にたがりの道化

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
(2006/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る


本編全巻買っちゃいました。
いや~素晴らしい作品だなと。完全にはまっちゃいましたw

以下感想です。
盛大にネタバレしているのでご注意ください。


あらすじ
物語を食べちゃうくらい深く愛している“文学少女”天野遠子と、平穏と平凡を愛する、今はただの男子高校生、井上心葉。
ふたりの前に紡ぎだされたのは、人間の心がわからない、孤独な“お化け”だった―!



感想
面白かった!!
これはやはり話題になるだけのことはありますね。

心葉くんをはじめとして千愛ちゃんや皆の心に抱えている闇が予想以上に深刻で重いんです。
青春の甘酸ずっぱいだけのストーリーを想像していたんですが、想像とは大きく違ってミステリー風味でどろどろしていて暗かったんです。
しかしそれがとても良かった。もちろんキュンとしてどうしようもない甘酸っぱい恋愛模様もお話の大きな一部を担っているんですが、それに加えてずっしりとくる壮大なテーマがあるように感じました。


心葉くんと遠子先輩の部室でのやり取りがすごく良かった。
心葉くんのわざといじわるしたまずい話を遠子先輩が「まず~い」と言いながらも残さず食べるのがいいです。
遠子先輩のキャラがかわいくてかわいくて。
それだけじゃなく頼りになる先輩の部分と優しく包み込んでくれるようなお母さんやお姉さんのような部分、儚げで華奢な美少女に見えるのにどこかおっちょこちょいで抜けている部分を持っていてとても魅力的なキャラだなと思いました。

だんだん心葉くんが心を開いていくのがわかっていいですね。

そして心葉くんに片思いしている、ツンデレのお手本であるような同級生のななせちゃんも一途で素直じゃなくてかわいいです。


この巻は最後の最後まで目が離せないですね。
最後の最後までどんでん返しが続いてドキドキしました。
千愛ちゃんの思いというのが予想を大きく上回るもので、真実が明かされた時はもうただただ衝撃を受けました。

お話の構成も伏線の張り方も最高に上手で感動しました。
キュンと出来て爽やかな気持ちにもなれてドキドキもして感動できる最高の作品だと思います。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/170-581490df

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。