HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > ■ライトノベル感想

“文学少女”と恋する挿話集1

“文学少女”と恋する挿話集 1 (ファミ通文庫)“文学少女”と恋する挿話集 1 (ファミ通文庫)
(2008/12/26)
野村 美月

商品詳細を見る


以下ネタバレ感想です。


本編が完結してもこういう短編集が出されるのはとても嬉しいですね!
この巻は本編の最初や合間の補完のお話が詰まった巻です。
語り手が変わって視点が変わると同じエピソードも全く違って感じます。
「ほんとはこうだったのか」とか「ここはこういうことだったのか」というのがわかって面白かったです。



文学少女”と恋する牛魔王
遠子先輩に一目惚れしちゃった熱血筋肉男の柔道部の先輩のお話。
やっぱり遠子先輩はモテるんですね。はたから見たら静かに読書をするおしとやかな美人ですもんねぇ^^

この話での遠子先輩が牛園先輩視点なので別人のように感じました。ホントに清楚なお嬢様といった感じ。
そしていつもの落ち着いた心葉くんが語り手ではなく暑苦しい牛園先輩が語り手だったのでとても新鮮でしたw「~だ!」とか「ーーー!!!」みたいなのが多くてww

心葉くんはこの頃はまだツンツンした感じですね。
文学部から解放されたい、と思ってる頃です。本編最後の方の心葉くんとは全く違うのでなんだか懐かしい感じw

心葉くんの協力もあって遠子先輩に告白したのに見事に勘違いされる牛園先輩は不憫すぎでした(笑)
ただの勘違いではなく心葉くんを狙ってる男色だと思われたわけですからw
それにしても遠子先輩の「とっちゃダメぇ!」とか「心葉くんと両想いいなのはわたし(文芸部)の方よ!」とか「心葉くんはわたし(文芸部)のものよ!」とか叫んじゃう遠子先輩はすごいwかわいいなぁw
そんな意味が混じってないとわかっててもニヤニヤするのを抑えられませんw
真っ赤になる心葉くんもかわいいですねw

っていうかやっぱり三題噺って書くの難しいんですよね。
心葉くんじゃないと書けないんだなぁ。
そう考えるとやっぱり遠子先輩の相手は心葉くんしかいないんだと思います。



文学少女”の今日のおやつ~『更級日記』~
遠子先輩がポストを設置するまでのお話。
1巻冒頭はここから繋がるんですね。



文学少女”と革命する労働者
「恋する牛魔王」の続き。心葉くんが遠子先輩のおやつ係から解放されようと文芸部部員を探すお話。

遠子先輩を狙ってるのは先輩の同級生だけではないようで。心葉くんのクラスメイト達にも人気なんですね。結構有名人みたいです。
そんな皆の反応を見て複雑な気持ちになる心葉くん。
ヤキモチ半分。先輩を褒められて嬉しい気持ちが半分といったところでしょうか。

そして結局2人きりの方がいい、という結論を出す心葉くんにニヤニヤですw
先輩のお守り役を探そうとしたのだって、遠子先輩が自分じゃなくて誰であっても文芸部の後輩が1人だったら遠子先輩に愛されるんじゃないか、と思ったからなんじゃないかと思います。なんかちょっとすねてるような感じ^^

それにしても遠子先輩から「避けちゃって大変なのよ」なんて言葉が出るとは(笑)
やっぱりこれふだけの本を読んでいるとそういう知識ももれなくついちゃうみたいです(笑)



文学少女”の今日のおやつ~『万葉集』~
バレンタインデーのお話。
心葉くんがなんだかんだ言いつつ遠子先輩からのチョコを期待してるのがいいです。
そして包みを開いた時にちょっとがっかりしてるのがまたいいですね^^

ここでななせがほんのちょこっと登場。
こういう本編とのつながりのある登場は本編が更に濃くなっていく感じで嬉しいです。



文学少女”と病がちな乙女
なんとキュンキュンするお話なんでしょうか!!!w
青春ですよ!甘酸っぱい!!
遠子先輩のお友達の恋のお話。
学生らしいこういう甘酸っぱいお話大好きです。

遠子先輩がこういう時もしっかりと相談に乗ってあげててさすがだなと思いました。
でもキスの話に真っ赤になってるのはかわいかったw

「今日のおやつ~『万葉集』」の話の遠子先輩サイドのお話なので、遠子先輩の思いがよくわかって切なかったです。
「特別な義理チョコ」だったんですね。
必死に思いを隠そうとしている感じ。



文学少女”の今日のおやつ~『ムギと王子さま』~
遠子先輩のリボンを心葉くんが木に結んであげた時の心葉くん目線のお話。
この話を読んで心葉くんがツンデレだと確信(笑)
先輩の前ではわざとおいしくない話を書いたり「風で飛ばされたんじゃないですか」とか言ってるのにボロボロになりながらもリボンを結んであげる心葉くんにキュンでしたw



無口な王子と歩き下手の人魚
美羽と芥川くんのお話。



文学少女”の今日のおやつ 特別編~『スノーグース』~
遠子先輩が心葉くんの前から去った後の先輩の大学でのお話。
この話が一番好きです。
すごく綺麗なお話でした。挿絵も素敵。
遠子先輩が心葉くんをどれだけ大事に思っているかが痛い程よくわかって。
先輩が涙を流す姿は初めて見ましたね。




短編集買って良かったです!
個人的には遠子先輩派なのでこの巻はウハウハでした!w

本編では描かれなかった日常とか裏側が見れて嬉しかったです。
これを見ると心葉くんはもうこの頃からどんどんと遠子先輩に惹かれてるじゃないですか。
先輩の笑顔や言葉に胸が痛くなったり、先輩の悲しんでる顔を見たらその事ばっかり考えちゃったり。
もうなぜ遠子先輩に一直線に行かなかったのかが不思議でなりません!w

とにかくとてもいいお話の詰まった1冊でした。
これからも文芸部の日常がもっと見たいです。
そして何よりも最終巻あとの2人がどうなったのかが見たい!!


「見習い」も買うか検討中です。
遠子先輩が出ないとわかってるのに読めるかが不安で…。

でもなによち本編が完結しても文学少女シリーズが続いているということが嬉しいです!
これからのお話も期待が募ります。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/171-949836b9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。