HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > ■ライトノベル感想

“文学少女”と穢名の天使

“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫)
(2007/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る


以下感想です。
盛大にネタバレがあるのでご注意ください。


あらすじ
文芸部部長、天野遠子。物語を食べちゃうくらいに愛するこの“文学少女”が、何と突然の休部宣言?!その理由に呆れ返りつつも一抹の寂しさを覚える心葉。
一方では、音楽教師の毬谷の手伝いで、ななせと一緒に放課後を過ごすようになったりと、平和な日々が過ぎていくが…。
クリスマス間近の街からひとりの少女が姿を消した。必死で行方を追うななせと心葉の前に、やがて心葉自身の鏡写しのとうな、ひとりの“天使”が姿を現す―。



感想
今回は遠子先輩が受験を控えているということで部活を休部することに。
なので遠子先輩があまり出なく、代わりにななせが主体だったため、遠子先輩大好きな私には少々寂しい巻でした。


でも遠子先輩から突然休部する、という事を聞いて怒る心葉くんを見ると、口ではなんだかんだ文句を言いながらも文芸部の活動が欠かせないものになっていたんだな、と思ったり。

あと芥川くんの「井上は天野先輩のことになると急に子供っぽくなる」というセリフがなんだか良かった。
それは心葉の素なんですよね。心葉くんが本当の自分でいられるのはやっぱり遠子先輩の前なんだなぁと思いました。
芥川くんはさすがまわりがよく見えているというか。そういう事に気付ける人ですね。


この巻ではななせと心葉くんが急接近、という感じでした。
ななせの親友が突然失踪してしまったため、ななせに協力を求められた心葉は一緒にその子を探すことになります。
ツンデレななせのかわいいところがたくさん見れましたw
もう典型的ツンデレでw
でも巻が進むに連れてだんだんとツンが弱まっているように感じます。
行動や言葉がすごく素直になって来たなぁと思いました。
ななせを見ていると心葉が好きで好きでしょうがない、というのがものすごく伝わってきて。


大切な友人が危険な目に合っているかもしれない、という不安を抱えているななせを見て、心葉くんは琴吹さんを支えなきゃ、という思いで気持ちがだんだんとななせに傾きかけてくるんですが、結局本当に苦しいとき、助けて欲しいとき、会いたい、と思うのが遠子先輩なんですよね。
ななせの前での心葉くんはかっこいいけど弱い部分をさらけ出せないように思います。

この作品は語り手が心葉くんなので心葉くんにめちゃめちゃ感情移入しちゃうんですよね。
なのでなんだか私も遠子先輩が来てくれたとたん、すごく安心します。


心葉くんが苦しくてしょうがなくて、遠子先輩はいないのだとわかっていながらも部室に行った時、遠子先輩がいつものパイプイスに座っていたシーンは胸がぎゅ~っとなりました。
切羽詰まっていた心葉くんの気持ちがだんだんと和らいでいく感じがものすごくわかってすごく良かった。
そこからはもう終始ニヤニヤですよねw
心葉くんがそれまでメチャメチャ悩んでて元気なかったのに遠子先輩にいつもみたいに意地悪言ったり。携帯のアドレスを書いた栞を渡そうとしたり。
結局遠子先輩は「大きい方(三大噺)」と「小さい方(栞)」の大きい方を選んだわけですが…。
これはわかってて選んだのかな…。
最後まで読んでからもう一度読むと遠子先輩の気持ちをすごく想像出来てしまって切なくなります。
休部したのだって心葉くんに言う言葉の一つ一つだってどんな気持ちだったんだろう、って考えちゃいます。。

そして2人はホテルに潜入調査w
ニヤニヤですw

そこでまた遠子先輩としばらく別れるんですが、その時の心葉くんの気持ちが痛い程伝わってきます。
本当は寂しいけど遠子先輩に心配をかけたくない、と思う心葉くんが切なかったなぁ。


ななせと心葉くんの距離が、この事件を通じて急速に縮まるんですが、それがなんだか悲しくて…。
いや、ななせもかわいくて大好きなんですが…。ななせと心葉くんがいい感じになると、遠子先輩がいるのに~~~と思ってしまう私は遠子派w
だって遠子先輩の気持ちとか、心葉くんがいつだって心の奥底では遠子先輩のことばっか考えてるのを見てるともどかしくて。


臣くんもかっこ良かった。
もう出ないのはもったいないです。短編集とかで出して欲しいなぁ。


というわけで多少偏り気味な感想でしたw
夕歌ちゃんと臣くんの思いとかすごく切なくて悲しかった。。





関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/177-9d429862

コメント

お久しぶりです!
私もちょうど最近文学少女はまったんですよ!
はまりすぎて、全巻四日間くらいで読んじゃいました! 心葉×遠子いいですよねvv
特に第2巻好きです。蛍ちゃんの強い感情に惹かれました。
では、失礼しました~。

こんにちは!
コメントありがとうございます!

わぁ!ほんとですか!
紫音さんとは好きな作品とかキャラとか趣味がすごく似ていて本当に嬉しいです!!w
文学少女、私も心葉くん×遠子先輩派ですw
私も読み始めたら止まらなくて一気に全巻買っちゃいましたw
はまる時期まで一緒なんてすごいですね^^

では私もまた紫音さんのサイトの方に伺わせてもらいます☆
ありがとうございました~^^

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。