HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 集英社

さよなら私たち

さよなら私たち (マーガレットコミックス)さよなら私たち (マーガレットコミックス)
(2009/07/24)
香魚子

商品詳細を見る


以下ネタバレ感想です。


「伯爵と妖精」の香魚子さんの短編集。

「時をかけるまえに」「おとうとくん」「失恋ファミリーレストラン」「Us,you and me」「さよなら私たち」を収録。

ほんとに不思議で独特な世界観のある人だな。
線が細くて綺麗です。

なんかどのお話も読後感はあんまよくないです(笑)
「ハッピー…エンド…なのかな…?」って感じのものや「え?ここで終わり?!」的なものが多かったので。
でもこの感じがこの人の魅力なんでしょうね。
すごく不思議な気持ちになります。


一番好きなのは「おとうとくん」
最初はなんかすっごい怖かったけどwだんだんいじらしくなっちゃいました。
不器用なんだなぁ。
最後の涙にキュンときました。
これはここからのストーリーが肝心なのに!この後2人がどうなっていくか見たいですよ。
なんだか取り残されちゃった気分です。





関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/231-6a4c8a73

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。