HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > デザート

デザート<5月号>感想

デザート 2010年 05月号 [雑誌]デザート 2010年 05月号 [雑誌]
(2010/03/24)
不明

商品詳細を見る


順番入れ替わりますが今更感想です;;
ネタバレご注意ください。


となりの怪物くん
待ちに待った夏目さんのメイン回!
夏目さんの中学時代、なぜ男の子が苦手なのか、女の子の友達が出来なかったのかが明かされました。


う~ん…。。
これはトラウマになりますね。。
それにしても夏目ちゃんがかわいいのはわかってましたがここまでだったとは…。
中学生とかってかわいい子に対する嫉妬とかで簡単にその子はぶいたりするからなぁ…。
なんか皆の離れて行き方がリアルな感じで辛いです。

夏目ちゃんは雫達に会えてほんとに良かったね…。
夏目ちゃんがこの居心地のいい世界を絶対に壊したくないって思う気持ちがわかりました。

雫の言葉って迷いがないからものすごく説得力とか威力がある気がします。
雫がこういうならそうなんじゃないかなって思っちゃうぐらい迷いなく言葉をくれますね。
「それはそれこれはこれ」とか「過去は過去で あなたを縛るものは何もない」とかかっこ良すぎです。
この2人が恋バナに花する時が来るなんて…w
まぁこれをキッカケに夏目ちゃんが暴走し始めちゃうわけですがw


そしてそんな中いつものメンバーで歩いててみっちゃんに遭遇。
この前の告白まがい的なものから初めてのコンタクトなのでどんな気まずい感じかと思いきや普通に話しかけてくるみっちゃん。
それを気にしてるのはやっぱササヤンなんですよね。
夏目さんが去った後のみっちゃんに向けるササヤンの表情がなんだか若干軽蔑したような感じなのが良いw


そしてバッティングセンター。
みっちゃんとササヤン。
ここまでササヤンがみっちゃんと夏目さんの間にいるとササヤンがみっちゃん、夏目さんとの恋愛に絡んでくることをやっぱり期待してしまうなぁ。
なんか表情がね。フィルターかかるとものすごく意味深に見えてしまうんですよw
特に夏目さんが「わたしがみっちゃんさんを守ってあげます」って言った後の表情とか。
そして笑顔でみっちゃんに夏目さんのこと鎌かけるササヤンがやっぱ好きですw

で夏目さんは予想とは反して暴走方向に行ってしまいましたw
好きと決めたら突っ走るのかw
そしてみっちゃんは夏目さんの気持ち知りながら流そうとしてんのか!と思ってたらただ超絶ニブイだけだったとは…w
ものすごく大人でいろんなこと卓越してる感じだからそういう勘も鋭いのかと思ってたら全然そんなことなかったのかw

ササヤンは元から何考えてるか読めない人なので言葉や表情から気持ちが読み取れないんですよねぇ。
「ワケワカンネー」とか思ってるのも夏目さんがみっちゃんを諦めなくてイラっとしてるのかほんとに夏目さんとみっちゃんの行動が予測不能でなんかもうめんどくさいのかがわかりません(笑)
でもやっぱササヤンのこの絡み方は伏線だと思います。
これからササヤンの存在がみっちゃん×夏目の関係にどう介入していくか、本当に楽しみです。



別冊付録~「となりの怪物くん」描き下ろし
表紙が皆(ハル以外)の中学生時代の全身像なんですが、皆かわいぃぃぃ!!
夏目さんは本編にも出てきましたが雫とササヤンがね!

雫の制服は雫にピッタリじゃないですか!w今の制服よりめちゃめちゃ似合ってます。
そして髪下ろしてたんですね。

でササヤンかわいすぎw
今より短髪でいかにも中学生~って感じです。

ハルだけ中学生バージョンじゃなかったのは何か理由があるのかな?
やっぱハルは中学生の時に何かがありそうですね。
ササヤンと何があったのかも気になります。


中身はなんとまさかの下柳くんメイン!!w
入学したての頃のお話です。
まだ皆が仲良くなる前のお話ですね。

てか下柳くんはほんとに夏目さんに一目惚れだったんですね~。
マジで顔が好きなんじゃないですか!w
その点ササヤンは夏目さんとすれ違ってもなんとも思ってないご様子(笑)
ササヤンはいつか夏目ちゃんの中身を好きになってくれると信じてます。

下柳くんというマイナーwキャラの視点から見ると本編の怪物くんキャラ達が客観的に見れていいですね。
雫はやっぱりちょっと恐れられてる感じw
ちょうどテストで一番じゃなかったことにイラついてる時だったのでまぁしょうがないですがw

そしてササヤンですよ!
ササヤンの株最近上がりっぱなしですw
この人普通なようでいてやっぱすごいですよ。
誰とでもこんな風に自然に話せるのはすごいなぁ。
そして誰に対しても同じように接することが出来るのはすごい。
めちゃめちゃ魅力的な人だと思います。だから友達もこんなに多いんでしょうね。
誰からも好かれてる感じです。

で夏目さんはただ通りすがっただけなので中身のおバカちゃんな面は披露されず。
誰の目から見てもやっぱり夏目ちゃんは美少女なんだなぁ。
中身とのギャップが最高ですね。

ハルはまだこの時学校に来ていなかったので出てません。
まだ家にいたんだなぁと思うと感慨深い。雫に会えてホントに良かったですね。


欄外漫画に本編で出番が1コマしかなかったヤマケンが。
やっぱりこの子モテるんですね。
女の子の恨みを買うほどイケイケなようです。
それが雫を好きになっちゃうんですもんねw



姫ママ!
おお!!先月号を読んでいないだけでこんな展開に?!
仁が最初っからレオナにちゅー。
まさかの展開です。

完全に先生に対するヤキモチですね。
いいですこの流れ!

仁は先生レオナと言ってましたが確かにそれはありそう。
負けず嫌いって感じしますもん。
でもそれだけではないですよね~。
先生の存在がいい感じに話を動かしてくれて盛り上がってきました。





関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/246-16a500ce

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。