HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > ジャンプ

週刊少年ジャンプ<23号>感想

以下ネタバレ感想です。


べるぜバブ
三木の「信頼を~」ってセリフからするとやっぱ三木は男鹿に裏切られた的なことを思ってるっぽいですね。
多分勘違いとか擦れ違いでしょうが何があったんでしょうか。

そして新キャラのお姉さんと最強の男。
一旦戦闘中断か?と思ったらここでようやく東条の登場wです。
しかしこのまま最後まで決着は着かなそうなだぁ。



ぬらりひょんの孫
カナちゃんがほんと空気で泣く。
でも清十字団久しぶり。

今度は青田坊の番ですか。
なにやら過去がありそうな匂いですね。

清十字団の面々も守られるだけじゃなくなんかしらの活躍をして欲しいところですが難しいか…。



LOCK ON!
う~ん…。
どうしても祭ちゃんを好きになれない。。

そして真田が写真部を作る理由が今回わかりました。
確かにもう写真を撮ることに反対する先生もいませんし何か理由がないと部を作る意味ないですもんね。

しかし順位落ちないですね。
小学生に人気なのかな?



HUNTER×HUNTER
ちょ…ゴン…腕が~…。。
これどうするんでしょうか。
腕は簡単には戻りそうにないのでこのままでいくのかなぁ?

キルアがかわいそすぎる。
ゴンは自分の感情だけで動いちゃってて周りの人がどんだけゴンのことを心配してるかわかってませんね。
まだまだ強敵はいっぱいいるのにゴンがもう戦闘不能な状態になっちゃったらどうするんでしょうか。
一旦引くんですかね。。でもここまで来たら蟲編は終わらして欲しいなぁ。

それにしてもピトーがここで退場とは。
良キャラだったのに…。



バクマン。
「完全犯罪クラブ」面白そうじゃないですか!
すごくいい作品になりそうな予感満々です。

亜豆の絵はかわいかった。
やっぱりサイコーの目には誰よりも亜豆がかわいく見えてるんですね。うんうん。



保健室の死神
経一がもんのすごくいいキャラでした。予想をいい意味で裏切られましたね~。

前回放課後の設定だったので経一が追いかけても誰もいないんじゃ…と思ってたら極度の方向音痴キャラだったとは!w
そしてこの喜怒哀楽の激しさと人懐っこくてバカっぽい感じがたまりませんw
お菓子の箱を捨てる時にちゃんとたたんでたのが良かったw
こういう小さいコマでキャラがたっていってるのがいいですね。

ハデス先生と犬猿の仲的な感じなのかな、と思ってたんですがただ会わせるとめんどくさいからって感じだったっぽいですw
「鈍ちゃん」呼びも意外だった。
ハデス先生のことすごく心配してるんですね。

藤くんのお弁当はあいかわらず伊勢えびですかw
毎日いいもん食ってこの子はw

前回もそうでしたが友達の前だということでいつもと喋り方とか態度がちょっと違うハデス先生にキュンキュンでしたw
経一って呼び捨てだし、「~だろ」とか「どけ!」とか普段とのギャップが激しすぎて萌えるw
経一に泣きつかれて白衣をちゃっかり取り替えてるのにも笑ったw
生徒達への態度と全く違いますね!

そしてなんといっても今回アシタバの良さがものすごく出てきた回でした。
ほんといい子ですこの子。
アシタバは無個性なのが個性ってキャラでしたがそのアシタバのポジションが話の核心部分でとても重要な存在だということがわかってきました。
先生をここまで心配してるのは多分アシタバだけだし、前に三途川先生が言ってた「洞察力」というのがじわじわ役にたってきた感じです。
病魔が憑いてないのってレギュラーキャラではもうアシタバだけだったんですね。
となると「アシタバに病魔が憑く」というイベントは作品の最後付近の重要な話になりそうです。

藤、美作、シンヤ達も先生のことを理解してて頼りにしつつ心配してるのがわかりました。
ハデス先生良かったですね。

今回の話でこの作品の本筋と方向性がとてもハッキリしたように思います。
いや~あいかわらず1話にものすごく読み応えがあっていいですね。

しかし掲載順;
上がったと思ったらまた下がってきたなぁ…。
ほんとドキドキさせられます…。

次回は完全なギャグ回が見たいですね。
花巻さん、安田あたりを出して欲しいです。



めだかボックス
黒神めだか(改)だ…と…?w
あいかわらずすごいぶっとんでる!w
どうやって元のめだかに戻すのか楽しみです。



賢い犬リリエンタール(終)
マジで泣いた。なんか切ない。
すごくいい最終回でした。

終盤急いだ感はやはり拭えませんが、その中でここまでうまくまとめたのはすごい。
キャラ総出で、しかも皆が幸せな終わり方で、とても後味が良かったです。

随分前から後ろに固定されてたので覚悟はできてましたがいざ終わるとやっぱり寂しいです。
次回作期待してます。お疲れ様でした。





関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/260-53033c4c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。