HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > ■アニメ感想

Angel Beats! 第10話「Goodbye Days」




ほんとに今更なんですが感想を。
観たすぐ後は感極まりすぎて書けなかった…^^;
久しぶりにアニメでここまで泣きました。



10話はユイにゃんのお話。
4話からずっと日向とはケンカばっかりで、ケンカップル大好きな私にとってこの2人の絡みとか掛け合いがAB!見る楽しみの大部分でした。

しかしくっついて欲しいと思いつつもそれはないだろうなぁと思ってまして。
クラナドとかしかり本主人公以外は恋愛に絡まないものだと思ってたので。
例えば春原だってほんとは誰かとくっついて欲しかった。風子とか~。
ゲーム原作なのでしょうがないんですがねぇ。
なのに…なのに今回…(泣)

ほんと嬉しかった。
まさかと思ってたけどまさかのまさかですね。


ユイは青春時代を寝たきりで過ごし、やりたいことを1つもできなかったと。
ユイのやり残したことを叶えるため、音無は捨て身でユイに付き合います。

プロレス、サッカー、野球。
四苦八苦しながらも1つずつ叶えていきます。

しかしユイにはまだもう1つやり残したことが。
それは結婚。
それを聞いた音無の反応がね。
それだけは簡単にしてあげられるものじゃありませんから。

「じゃあ先輩 私と結婚してくれますか?」
のユイの真剣な表情とか声が切なくて…。

そんなユイの真剣な問いかけにたじろぐ音無。

ここから先はもう感動と嬉しさでめちゃめちゃ泣きました。


「俺が結婚してやんよ!」

「これが 俺の本気だ!」


日向…。。(泣)
なんてかっこいんだコイツ…。
あんなにケンカしかして来なかったのに…。。
大事な時にこうやって結婚してやるって言えちゃう日向がかっこよすぎて。
日向が現れた時は鳥肌たちました。


「そんな… 先輩はほんとのあたしを知らないもん」

「現実が 生きてたときのお前がどんなでも 俺が結婚してやんよ!」

「もしお前が どんなハンデを抱えてても…」

「ユイ歩けないよ 立てないよ」

「どんなハンデでもつったろ!!」


うあぁぁ(泣)
かっこよすぎる!うれしすぎる!
音無ではダメだったんです。本当の気持ちがないから。
ユイを救ってあげられるのは音無でも誰でもなく、本当の気持ちがある日向だったんですね。


「ここで出会ったお前は ユイの偽者なんかじゃない ユイだ」

「どこで出会っていたとしても 俺は 好きになっていたはずだ」


60億分の1の確率って素敵な言葉ですね。
どんな運命だろうと、どんな人生だろうと、必ず出会えると。
そしてまた何度でも好きになると。

なんて素晴らしいんだ…。

この時のユイの「よかった…」って言葉で涙腺が崩壊しました。
この瞬間、あぁ。ユイは救われたなぁ…。ってのがすごく伝わった。

そしてこの後のもしもの回想が素敵すぎて、、。
ユイと日向の笑顔とお母さんの笑顔と涙。

こんなもしもがほんとにあって欲しい。
この2人は何度生まれ変わっても必ずめぐり合って欲しいです。


挿入歌の「一番の宝物」がまた泣かせる泣かせる…。。
歌詞がね。。
ユイの日向に対する想いでいっぱいなんですよ…。。


「一番の宝物」(一部抜粋)

顔を合わすたび ケンカした二人

それもいい思い出だった

君が教えてくれたんだ もう恐くない

どんな不自由でも 幸せは掴める

だから ひとりでもゆくよ

たとえつらくても

君と見た夢は必ず持っていくよ

君とがよかった  他の誰でもない

でもねダメだった 君はいないんだね

ずっと遊んでいる そんな気がしてた気がしていただけ

生まれてきたこと もう後悔はしない

寂しいけどそろそろ行こう

どこまでもゆくよ

ここで知ったこと

幸せという夢を叶えてみせるよ

君と離れても どんなに遠くなっても

新しい朝にあたしは生きるよ



好きだったんですね。ケンカばっかりだったけど日向のことちゃんと大好きだったんだ…。
もう涙枯れる…。

そして幸せなもしもの世界から現実の世界に戻ったとき。
地面にはユイが被ってたヘルメットとバットだけが。
ここで涙腺が2回目の崩壊をしました。

消えるということはその人が前世でやれなかったことを叶えたからで、幸せなことだってわかってるのに…。
やっぱりすごくつらいなぁ。。


音無の「…よかったのか」に対する日向の「よかったさ」の言い方がすごく良かったです。
音楽と声優さんの演技がものすごく最高のシーンを作り上げてくれた感じです。

もうこの2人の絡みが見れないっていうのは悲しいなぁ。
2人にはまためぐり会って欲しいです。
OVAとかなんでもいいのでその後的な話をいつかやってくれると信じてます。


そして11話も急展開。
高松…。。
そんな…。魂がなくなるなんて何よりもひどいじゃないですか。
やり残したことやってないのに!
まさかこのまま高松がフェードアウトするなんてことないですよね…?
そしたらかわいそ過ぎる…。

カゲの存在により、1人1人やり残したことをやり切ろうと決意する戦線メンバー。
大山の決意はなんなんでしょうか。
この子直井くんと並んで好きなキャラなので幸せになって欲しい。

しかし黒幕がいるということが判明。
ここから新キャラを出してくるということは考えづらいので…。やっぱりこの中に真犯人がいるのかなぁ…。。
やだなぁ…。

予告がまた気になるもの過ぎて。
あと2話しかないですがまだまだ謎と問題ばかり。
どうまとめるか楽しみです。





関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/278-ebb5985f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。