HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > LaLaDX

LaLa DX<9月号>感想

LaLa DX (ララ デラックス) 2010年 09月号 [雑誌]LaLa DX (ララ デラックス) 2010年 09月号 [雑誌]
(2010/08/10)
不明

商品詳細を見る


久しぶりに買いました!
以下ネタバレ感想です。


なんか表紙がかわいかったので思わず買ってしまった…w
毎号パラパラとは読んでたんですが久しぶりに購入してじっくり読んだので。。
ちょっと空いた分わからないとこもあるんですが感想書きたいと思います。



ケダモノ進化論田中メカ
体育科と進学科!これは『7月の魔法使い』と同じ高校だと考えていいんですかね?
このシリーズはまだ続いてくれるのか。嬉しいです。

今回は野球部エースと普通でちょっと地味めな女の子のお話。
この先生の描く女の子は皆ほんとにかわいいなぁ。
強く見えるけどほんとはちゃんと女の子らしくて弱いところもあるってのがかわいいです。

虎谷くんもこの元気な時とシリアスな時のギャップとか大胆さがかっこいいですね。
ヒーロー→→→ ←ヒロインの構図はおいしいですw
やっぱり田中メカ先生の読み切り大好き。

⇒7月の魔法使い感想



八潮と三雲草川為
マタタビ酒を浴び八潮が幼児化…w
かわいすぎるんですがw
幼児化というよりもなんだか素直というか甘えんぼというか。
目つきが怖いままだからそれがまた良いw

「こわい」って言いながら三雲のことはしっかり守る八潮。
この八潮の言動とか行動は本心からきてるものと思っていいんですか?!w萌える!!w

「俺のこの手はなんだ」とか言いながらそのまま続行して三雲をちゃんと撫でる八雲さんがマジかっこよすぎです。
同棲!ワクワクですね!w



赤髪の白雪姫〔あきづき空太〕
カラーが綺麗すぎる…!
こういう淡い色のカラー好きです。

やっぱりこれはちょっと間が空いただけでもわからなくなるな~;
ただオビがかっこよかった…w

しばらくラジ王子の城に滞在することになった白雪。
ゼンのいない間に何が起こりますかね。
最後に出てきたかわいめの少年も気になります。
髪型が結界師の閃ちゃんにちょっと似てる。



帝の至宝〔仲野えみこ〕
吏元かわいーよ吏元。
いつのまにこんなツンデレになってたんだw
ことあるごとに香蘭にベタベタしてたっていうのに、ちょっと触られただけで真っ赤になるなんて…。
何があったか激しく気になります。早く2巻が読みたいです。

村祭りの踊り子をやることになった香蘭と吏元。
香蘭に2週間会えないと知った時の志季の反応が…w
笑顔だけどショック受けてるのがわかってとてもよいww
円夏と雨帖の2人が「陛下…」ってしつこく思ってるのに笑いましたw

今回は割と吏元目線だったのが嬉しかったです。
急に真っ赤になったり志季のこと喋ってる香蘭にイラっときたり。この子はかわいすぎですね。

志季も志季でどんだけ香蘭らぶなんですかw
自覚はないけどもう好きだとしか見えない。
ほんとに忙しいのにその合間を縫ってでも香蘭に会いたいんですねぇ。

そしてまさか!吏元、志季に香蘭のことが好きか聞くとはwぐいぐいいきますね!w
しかし志季のこの場での発言の「好き」は友達としての好き。
でもこの時の志季はいろいろ何かをごまかしてるように見えるなぁ。
「香蘭は誰のものでもない」って言ってたけどもし誰かのものになっちゃった時志季はどうするんでしょ。

お祭り本番。
吏元が美人過ぎるwwww
志季が見に来てくれるのを楽しみにしていた香蘭。しかし会場に志季の姿はなし。
ショックを受ける香蘭。香蘭は志季のこと大好き過ぎですねw
そんな香蘭の姿を見てる吏元が切ない。
というかまさかここで公開プロポーズするとは思いませんでしたw
やりますねw
告白の仕方がバカっぽくていちいちかわいいですw
「確かにいつもはふざけてるけど今の俺は超本気だ!!」とか「だってぐずぐずしててお前誰かにとられんのやだし!」とかもうツボですw
空気を読む香蘭はいい子wwww

しかし最後においしいとこを持ってくのはやはり志季w
皆の前で花嫁強奪された吏元がいたたまれなすぎる…w

馬車に乗っても香蘭のことお姫様抱っこし続ける志季はもう香蘭大好きですね(笑)
香蘭が吏元のところに寄って行くというのを聞いて胸が痛む志季。
おぉ!やっと自覚する予兆キタ!!
しかしにぶにぶな志季のことです(笑)この「ずきん」がなんの痛みだかわかるまでまた時間かかりそう…w

⇒帝の至宝(1)感想



もちもちの神様森生まさみ
初めて読んだけど面白かったです。
やっぱり素直じゃない女の子とかケンカップルとかいいですねw

今回は流歌が小さくなっちゃうお話。
なんという南くんの恋人ww



絶対平和大作戦〔小椋アカネ〕
いつのまにこんなことに…。。
処刑とか勘弁ですよ~…。しかも次回最終回?!
なぜ私が好きな漫画はララデラではどんどん終わっていくんでしょうw

2人が出会った時のお話。
やっぱり戦争が根本のテーマだけあって結構重いです…。
ヨハネはいっつも明るいからここまでの重さを背負ってるとは思わなかった…。
それがユーダと出会っていろいろなことに気付かされて、救われたと。
これはベタ惚れになるのもわかりますね。

今のヨハネだったらユーダをバカにするようなこと絶対にありませんがヨハネがまだ背とか胸が小さいことをからかってたのが新鮮でよかったです。
この感じは沖田を連想させられますねw

次回最終回。
絶対に絶対にハッピーエンドで終わってほしいです。



桃山キョーダイ〔ふじつか雪〕
これはまた危ない関係ですね(笑)
最終的にはやっぱり千尋と有馬なんでしょうか。
すごい設定です。



樹音を繋いで〔池ジュン子〕
おぉ!これ読みたかったんです!
花とゆめだかララだかに受賞の絵とあらすじが載ってて気になってたので嬉しい。

こういう線が細くて綺麗な絵好きです。
題材的には事故に遭って天使さんが現れてやり残したことをやる~というまぁよくある感じなんですが、ちゃんと「手紙」というキーポイントが活きてて良かったと思います。

運命っぽいのとか手紙とかのレトロな感じが大好きなので楽しめました。
この方の他の作品も読んでみたいです。




11月号は「絶対平和大作戦」が最終回だし、なんと天乃先生の読み切り、「渡会くん家の妖怪さん」も載るそうなのでまた買っちゃいそうですw





関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/312-88143c58

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。