HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 集英社

ぎんぎつね(1)~(3)

ぎんぎつね 1 (ヤングジャンプコミックス)ぎんぎつね 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2009/09/18)
落合 さより

商品詳細を見る


以下ネタバレ感想です。


神社の娘であるまことと神社の神使である銀太郎のお話。

悪者といった悪者もいないし大きな事件もないんですが、その日常のほわほわしたあったかい感じが良い。
銀太郎はツンデレというかなんというかw
ほわほわもふもふなお腹やしっぽに私もまことみたいにぎゅ~ってしたいです。

まことはこれぞ主人公といった感じの元気で優しい女の子ですね。
友達のこととかで普通に悩む、普通の女の子って感じがいいです。

そしてまわりの登場人物達も皆好きです。
私は特にユミちゃんが好きw
最初の方がアレだったせいか、まことと友達になってからはかわいくてしゃーないです。
こういうハッキリとした子好きなんですよね。

2巻からは同じく神社の息子である悟くんも登場。
まことと同い年で同居っておいしい状況ですよねw
悟くん、最初の方はハルにしか自分を出さない感じでしたが、ユミちゃん達の明るさも手伝ってか、だんだんとまこと達に心を開いてきたようですね。
その変化が嬉しいです。
まさか皆の頭はたくとはwしかも背低いこと気にしてたんだ…w

神社を舞台とした、人間同士、人間と神史達の関わり合いに見てて癒されます。
まことと悟くんの関係がこれからどうなるのかも気になるところ。
一応3巻最後にライバルっぽい男の子が登場したので期待してます。





関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/329-ea29c892

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。