HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 小学館

マギ(5)

マギ 5 (少年サンデーコミックス)マギ 5 (少年サンデーコミックス)
(2010/08/18)
大高 忍

商品詳細を見る


以下ネタバレ感想です。

表紙はジュダルさん。
いや~夜が似合う。月明かりがいい感じですごくいい表紙だ。美しいです。



本編はアリババの過去から。
アリババが今までどれだけ苦悩してきたかが痛いほどわかって辛かった…。
ほんとこの子は人が良くてへたれで愛しすぎる…。
気持ちや表情が人間臭くてものすごく感情移入しちゃいます。

アリババのお母さんはほんとに素敵な人だったんだなぁ。
笑った顔がアリババにそっくりで泣けます…。
アリババみたいな子が育ったわけがわかりますね。

カシムはアリババのお母さんの愛情に触れて幸せな時を過ごした一方で、アリババに対してやっぱり羨望心を持っていて劣等感がとても強い気がします。

アリババにとってカシムは親友であり家族であって本当に信頼している存在ですが、カシムはアリババに対して本当の意味で心を許していないように見えます。
アリババのことをすごく羨ましく思っていて自分とアリババはやはり違うんだという気持ちが強すぎる。
立場はもちろん、アリババの明るさやまっすぐさ、優しさにも憧れているように思えます。
酷い父親の血を引き、悪いことを繰り返して汚れてしまった自分はアリババとは違うんだと線引きしているように感じます。


アリババの話をアリババと同じ感情になって親身に聞くアラジンとモルジを見て、アリババはこの2人と出会えて本当に良かったなと思いました。
特にアラジンとの出会いがなければアリババはどうなっていたか。
アリババを落ち着かせようと杖で一叩きするアラジンさすがですw


モルジアナはほんとにアリババのこと一番なんだなぁ。
この忠誠心はすごい。ほんとにほんとにアリババに感謝してるんですね。
アリババ中心で物事を考えてるからカシムに対しては一切の同情もなくて「アリババを苦しめている人」という認識でしかないのが萌えた。
アラジンはアリババのことを大切に考えながらも全体を冷静に見ているのに対してモルジはほんとアリババの存在が絶対だなぁ。



そしてシンドバッドさん。
かっこよすぎる。なんかもう強さとか優しさとかだけじゃなく王として必要なものを全部持ってる人だなぁ。
心から信頼できるしついて行きたくなる人です。

ジャーファルさんも大好きだ。もうかっこよすぎ。
シンドバッドのことを悪く言われて我を忘れてブチ切れるジャーファルがかっこよかったです。
いつもが穏やかな分ギャップでやばいっす。シンドバッド大好きなんだ…。
普段はシンの天真爛漫さに困らされてますがw本当にシンドバッドを信頼してるんですね。
こういう面を見るとこの3人の出会いや今までに何があったのかを見たくなります。
番外編かなんかで3人のお話をじっくり見たいなぁ。


そしてそしてジュダル登場!
この笑顔で邪悪な感じはウザ也さんを彷彿とさせますね!(笑)
言ってることとかやってること最低なのになぜだか憎めない。。

アラジンがジュダルに殴られた時にすぐに駆け寄るアリババとモルさんがいい。
2人ともアラジンをやられて本気で怒ってるのがいいです。

アリババがやられた時もモルさんがすぐに支えに行ってますよ!
なんかもうこういうちっちゃいコマでも関係性がわかって萌える。

アラジンとジュダルのマギ対決!
バトル描写燃えるーー!!
動きだけじゃなく表情もすごくいい。夢中で読んじゃいます。


暴走ウーゴくん。
実はこの先からサンデー買っちゃってますwだって続きがものすごく気になる!


スラムの状況とか王国の体制とか考えさせられるものがありますね。
とにかくアブマドは最低だ。
必死にアブマドに伝えようとするアリババに涙が出る…。
ここまで応援したくなる男キャラというのはなかなかいないです。
なんだこれ。なんだこの気持ち。母性本能?(笑)


5巻もすごくすごく面白かった!全員好きです。
早く6巻見たいです。


⇒マギ(1)(2)感想
⇒マギ(3)(4)感想





関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/330-0ee1f4b4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。