HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > デザート

デザート<10月号>感想

デザート 2010年 10月号 [雑誌]デザート 2010年 10月号 [雑誌]
(2010/08/24)
不明

商品詳細を見る


以下ネタバレ感想です。


あー長かった!
9月号が休載だっただけでこんなにも長く感じるとは。

10月号はほんと大満足な1冊でした。
表紙もかわいいです。

以下長文です。



となりの怪物くん
巻頭カラー。淡い色使いが素敵。メインキャラ総出でいいですね。

本編。
キタ!キタキタきました!wササヤンのメイン回!
怪物くんの中でササヤンが一番好きな私には嬉しすぎます。

ササヤンの名前もついに明かされました。
佐々原宗平!いい名前です。


前回のスキー旅行にて喧嘩したササヤンと夏目さん。
いまだに喧嘩中だったのか(笑)
しかし怒ってるのは夏目さんだけでササヤンはもう忘れかけていたようですがw
本当はササヤンと話したいのに意地張っちゃってる夏目さんがかわいすぎる。


ササヤンと雫。
雫に夏目さんがガキだと愚痴るササヤンw
しかしあいかわらず雫はドライだな…。。
夏目さんが男嫌いな理由を聞いてそういうことかってすぐに全部理解しちゃうササヤンはさすがです。
こういうところが好きすぎる。

雫は夏目さんのことを理解してるようで理解してないなぁ…。
というかあんま関心がないのか(笑)
夏目さんの行動とか言動とかはわかってるんですけどね。
やっぱり今まであまり人と接して来なかったからか夏目さんがなんでそこまで男嫌いなのか、なんで友達にこだわるのか、っていう本当に深い部分がいまいち理解できてないんですよね。
その点も含めてちゃんと夏目さんのこと見てあげられてるのはやっぱりササヤンなんですよ。
夏目さんが外で男の子にどんな態度なのかも、それがなぜかもちゃんと理解してる。
こういうところにキュンとしちゃうんですよね~w


ササヤンと大島さん。
夏目さんのこと+雫とハルがおかしいことも愚痴るササヤンw

「今朝なんかムシだぜームシ!他の奴にやるみたいに」
って何気ないセリフに萌えた…。
「他の奴にやるみたいに」ってのがね。自分は夏目さんにとって他の人と違うってことを普段から思ってるってことじゃないですか!
なんかこういう小さいことでも気になる!w

「吉田くんたちにとってはきっと佐々原くんが友達でよかったと思うよ」「きっと吉田くんも感謝してると思う」
という大島さんの言葉に対してのササヤンの笑顔パないです。爽やかっこいい。

やはり大島さんは常識人だ!w
ササヤンはこういう考えを持った人が1人でも傍にいて良かったですねw他は皆おかしいですから(笑)
ササヤンととても似通った考えを持っていますが、それでもササヤンが大島さんに対して理解できないことが1つ。
それはなぜハルが雫のことを好きなのを知っててハルのことを好きでいられ続けるか、ということ。
ササヤンは何に対しても常識的で冷静な判断できるし人の気持ちとか状況とか全部ちゃんと理解できるけど、やっぱり恋愛に関しては考え方がおかしいですねぇ。
というのも前にも感想に書きましたがササヤンは多分本当に人を好きになったことがないですよね。
自分を好きなやつと付き合えばいいと思ってる。
それってやっぱ今後ササヤンが本当の意味でちゃんと恋愛をしていくんだっていうフラグだと思います。


ササヤン夏目さんとバッタリ遭遇。
「どうせササヤンくんの方が!」という謎の言葉を残して走り去る夏目さんww
雫とハルをとられたと思ってんのかw
この時のササヤンの顔がなんか好きですw夏目さんに避けられてイラっとしてるのがいいですね。


ササヤンとハル。
「「ワケわかんねー」」って2人で思ってるのが素敵w
ハルは雫のことで悩んでササヤンは夏目さんのことで悩んでると。この状態がいいです。

「ササヤンは夏目が好きなのか」というハルに対して「え 全然?」とキッパリ答えるササヤンワロスww
でもこの後の「オレは男同士の方が気楽でいーよ」という言葉がなんだか気になります。
夏目さんといると気つかって疲れるってことですよね?
それって恋愛の最初の段階なんじゃないかなぁ。
やっぱり人を好きになるってのは相手のこと考えて相手が自分をどう思ってるのか常に考えて、絶対楽な状態ではないんですよ。
ササヤンは今までちゃんと恋愛して来なかったからそれがわかってない。夏目さん相手に「疲れる」っていう思いを持つってことは結構大切なことなんじゃないかと思うんですよね~。

ササヤンが今日遊ぶと聞いて羨ましがるハル。
「じゃ吉田も来る?」って簡単に言っちゃうササヤンはやっぱ魅力的だ。


ハルはササヤンのお誘いにノリノリw
男の子同士で遊ぶってことが初体験なのか…w涙が出ますねw
しかし放課後ハルと遊ぼうと思ってウキウキしていた夏目さんはまたしてもササヤンにハルをとられちゃったことにショックをうけますw
「そんなに言うんなら夏目さんも来れば?意地張ってないで
と夏目さんが男だらけのところに来れないのをわかってて意地悪言うササヤン!w
やっべーササヤンが夏目さんいじめてるよwそんなこと普段しなさそうなのに!w


意外とササヤンの友達となじんでるハル。
というか下柳くんかわいすぎなんですけどww
「そして今夜は大きなホットケーキを食べるんだ」とかwもうなにこのかわいい子wグリグラw
ねずみ見ながらほわーってなってる下柳くんとハルがかわいすぎるww
ケンカ買おうとするハルを「ダメダメダメダメ」って止める皆がもう大好きですw


一方みっちゃんにササヤンのことを愚痴ってる夏目さんw
事のあらましを聞いて「ササヤンくんもまだまだ高校生だねえ」って思うみっちゃん!
そうです!そうなんですよ!w
いくら大人な考え方ができるって言ってもまだ高校生。
子供っぽいところもちゃんとあるんですよねぇ。それが萌える。

「オレはハルが雫ちゃんだけでいいとは思わないよ ハルのためにも 雫ちゃんのためにもね」
やっぱりみっちゃんは一番大人です。
夏目さんもみっちゃんの考えを聞いて少し反省した様子。


ササヤンの借り。
今まで何度もササヤンが言っていたハルへの借りが今回少しだけ明かされました。
ササヤンの中学の野球部にはすっげぇ嫌な奴がいたと。
自分はそれを助けなかったけど、それをハルが助けた。
自分が見過ごそうとした人をなんのためらいもなくハルが助けたことによってササヤンはハルに感謝してたんですね~。
なるほどな~。。ササヤンはいい子だなぁほんと…。


ハルとササヤンが遊びから帰り途中、バッティングセンターから出てきた夏目さんとバッタリw
夏目さんの驚き方かわいいw

もうめんどくさいので自分から謝っちゃおうとするササヤン(笑)
しかし下柳くんのことを悪く言われてカチンときたササヤンはつい言いすぎちゃいます。
「そんなんだからネットで変な嘘つくハメになるんだよ」に笑ってしまったw

「そーやって他人をひとまとめにして切り捨ててんのは夏目さんでしょ 夏目さんが1人になるのは夏目さんのせいだよ」
あー!ササヤン!;言いすぎー!
言ってることは正しいんですけどね~…。
ササヤンは友達のこと言われてちゃんと怒れるのがえらい。
でもこの言葉には直前の夏目さんの言葉に対する苛立ちも混じってるように感じられるなぁ。
ササ夏フィルターをかけると「勝手に好意を向けてくる男の子なんて迷惑なだけ」「自分はササヤンくんとは違う」っていう夏目さんの言葉にカチンと来ちゃったように感じます。


夏目さん。強がってたけど泣いちゃうところがかわいすぎる。
追いかけるハルがなんだかすごくかっこよく感じました。
「だから泣くな夏目 困ったら俺が助けてやる」
ってのは殺し文句だなぁ。。
ハルは変わろうとしてますね。自分の世界を広げようとしてる。
だからササヤンに誘われた時も雫の方じゃなくて男の子達と遊ぶ方を選んだ。
ずっとこのままでいたいと思っていたのは自分だけだったと気付く夏目さん。
こういう風にみんながちょっとずつ成長していく姿は見てて微笑ましいです。


一方ササヤン。
夏目さんから謝りメールが来ていたことに気付いて落ち込みますw
バッティングセンターから出てきてササヤン達に遭遇したところで途中送信しちゃったのかなw

ササヤンとハルが遭遇。
ハルの後ろに気まずそうに隠れてる夏目さんを見つけた時のササヤンの顔にキュンとしました。
「…夏目さんと仲直りしようと思ってさ」ってコマに悶えまくりですw
しょうがないなぁって感じの優しい顔ですね。
夏目さんはかわいいしハルもかっこいいしもういいなこの子達!w


自転車2人乗で帰るササヤンと夏目さん。
いい!いいよ!これぞ青春!wもうこの2人が好きすぎる!
「ハルくんは強くて優しい わたしにとってのヒーローですから!」
という夏目さんの言葉に今まで笑顔で談笑していたササヤンの表情が!!wこの顔いいです!w
イラついてるイラついてる(笑)
「……なーんかまた負けたって感じ?」
というササヤンのセリフにもうニヤニヤですw
ヤキモチっていうんだよそれ!w
今はまだ恋愛感情まではいってないと思いますが、「負けて悔しい」という思いが今後どのように変化していくのかが楽しみです。


翌日。
ハルが下柳くんと話してても夏目さんが下柳くんに挨拶しててもことごとくスルーな雫ww
こんな大きな変化に気付かない雫を変だと思うササヤンw
最後の終わり方が良かったです。すごくいい占め方。


今回もいろんなところでいろんなことが変わってすごく盛りだくさんでした。
ササヤンは今後人を好きになるフラグたてまくりだと思います。
というかそうであってほしい。

そして下柳くんがもうツボすぎる…。
今回どういう子なのかがすごく良くわかって嬉しかったです。

あとハルが今回なんだかものすごくかっこよかったです。
夏目さんに対する態度とかササヤンに対する態度とかがかわいいしかっこよかったです。



その他もろもろ↓↓
・友達といるとやはり一際小さいササヤン萌え。

・普通に2階の窓から登校するハルw

・ササヤンはやっぱ友達が多いですね。というか誰とでも友達ですね。

・写真代ちゃんと徴収するしっかりしたササヤンw

・下柳くん委員長w

・ハルのニコニコ雫に通用せず。

・「怖いお兄さんや辛い現実 嫌なものとはひたすら目を合わせず隙あらば逃げる これがオレ達普通の生き方だよ」下柳くんワロタww

・肉マンにからしつめられる下柳くんはひたすらいじられ役。



となりの怪物くん<番外編>
今回はほんと小冊子も盛りだくさん!

ハルの休日~日常編~
・ブリキのシズクww

・あいかわらず愉快な夏目さんかわいい。

・よしみちゃん男かい(笑)

・ササヤンと下柳くんの仲の良さ微笑ましい…。

・混ざりたくなるハルかわゆw

・ユウちゃんが怖いハルww

・ヤマケンwwマジで役立たずだ!w最低だ!w

・ハルも本気で雫がブリキになったとは思ってなかったんですね。ただ会いたかったのか。ニヤニヤする。


彼らが仲よくなった理由~海明学院青春編~
ギャー!3バカとヤマケンの中学生時代キター!!ww
ちょwwマーボかわいすぎなんですけど!w
髪サラッサラじゃないですか!wしかも幼くて八重歯出てるとかどんだけ萌え要素蓄えてんのw

皆幼い!かわいいな!
ヤマケンキタ!ケンカ弱いくせに口だけは達者なヤマケンww
エロDVDに釣られてついて行くとかかわいいですね(笑)さすが中学生。

番外編も本編も最高でした!2ヶ月待った甲斐があった!



たいようのいえ
あいかわらずキュンキュンさせてくれますね。
基の真魚に対する感情はやっぱり家族として、という感じだなぁ。
それをわかって好きだってことをなかったことにしようとする真魚が切ないです。
「邪魔な感情でしかない」ってのは辛いなぁ。

うわ~ラジカルさん杉本さんだった~…。
これから波乱を起こしてくれそうな気配ですよ。

仕事大変なのにも関わらずこんなにも献身的に看病されたらそりゃもっともっと好きになっちゃいますよ。
基は魅力的すぎる。

そして弟大樹登場。
なんで真魚のこと快く思ってないのかなぁ。。
とにかく基と真魚のまわりの登場人物も着々と固められてきてどんどん面白くなります。
次回も楽しみ。



姫ママ!
終わっちゃった~…。
千尋くんのお母さんと和解できたのにはじ~んと来ましたが仁とちゃんとくっつくところが見たかったなぁ。
でもお店共同経営してるってことは事実上うまくいってるってことですけどね~。

成長した心亜かわいかったです。
次回作楽しみにしてます。





関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/331-b8c601df

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
わわ!コメント嬉しいです!><
まさかまたコメントくださるなんて…!
本当にありがとうございます!!

いやいや分析なんてそんな大層な!><
妄想と願望が折り混じったこんな雑文をそんな風に言っていただけるなんて…もう感激です…(;_;)

宗平って名前いいですよね!佐々原宗平って響きがイイです!
自転車2人乗りも最高にキュンとさせられました(笑)これぞまさに青春!
今回のお話でこの2人のこと更に大好きになりました^^
夏目ちゃんのおみくじの伏線もありますし!これからも応援していきたいです!^^


そしてわー!嬉しい!!!!萌えポイントが同じなんですか?!
藤くんと花巻さんのコンビも最高に萌えますよねw
私も現在進行形で鬼ハマリ中です(笑)
萌えポイントが同じということなので!もし気が向かれましたら今度オススメの作品等々教えていただけたら嬉しいです!^^そしたら泣いて喜びますw


嬉しいコメントほんとにほんとにありがとうございました><
こんなブログと管理人ですが末長くよろしくしてやってください!!(ノ_;)

それではまたお会いできるのを楽しみにしてます~^^

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。