HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 小学館

マギ(6)

マギ 6 (少年サンデーコミックス)マギ 6 (少年サンデーコミックス)
(2010/10/18)
大高 忍

商品詳細を見る


政略結婚の為にやって来た煌帝国の皇女“練紅玉”!!その心根はいかに!?
最強オリエンタルファンタジー第6巻!!

以下ネタバレ感想です。


今回もあいかわらず表紙が美しいです。
帯がなんとも乙女ちっくでかわいかった。なのにあの裏返して吹きましたw
あのシーンをチョイスする担当さん最高ですw

そして有隣堂で購入したんですがペーパー付いてませんでした…。悲しすぎる。
どこで買ったら付いてくるんでしょう。




本編。
本当に面白いなぁ。盛り上がって盛り上がってしょうがないです。
煌帝国一行が登場、アラジン瀕死状態、カシム再登場→アリババと対峙、アリババ修行→王宮乗り込み、と盛り沢山でした。


●紅玉
この子の初登場時にはなんだこの性格の悪そうな女は!と思いましたが今となってはもうかわいさしかないですw
乙女過ぎますwやっぱりお姫様という立場だから恋とかに憧れてるんでしょうね~。

それにしてもシンに対するあのドキンはさながら少女漫画のようw
ツンデレ気味で乙女でウブくてかわいいなぁ。


●戦いの後
アリババの全てを見てしまったモルジアナww
いくら傷を見ていたとしてもあの体勢にはならないだろうアリババさんw
でもモルジアナがちゃんと取り乱してて良かったですwあの状態を見て無表情だったら泣くw

そしてアラジン。ウーゴくんに力蘇らせるために力を与えすぎて瀕死状態に。
この子は自分を犠牲にしてしまうところがあるなぁ。とっても心配です。


●サブマド
こういう人ってすごく応援したくなる。
サブマドがアリババのところに来たのってきっと自分の中ですごい勇気のいることでしたよね。
その勇気を振り絞ってここまで来たんだなぁと思うと泣けます。
それに対しアブマドはホントに救いようのない男ですね。最低の中の最低な人間です。

やっぱりモルジアナは奴隷という言葉に敏感です。
自分と同じような酷い目に遭う人間をこれ以上生み出しちゃいけないと強く思ってる。
あの強い表情はかっこいいです。

モルジアナやサブマドはアリババを心から信じていて国を救うのはアリババしかいないと考えてます。
しかしアリババは逃げ腰。
こういう人間臭いところに感情移入しちゃうんですよねぇ。
ここで本当のカリスマ的存在であるシンドバッドを目の前にして自分に自信が持てなくなるのは多分自然な感情です。
そんなアリババが頑張るから見ててすごく共感できるし立ち上がった時の感動が倍増します。


●モルジアナ
「だから私は思うのです この国を救うのも、あの人だって!」

自信を持てないアリババを見て彼にこの国を任せるべきではないかもしれないと思うシンドバッド。
そんなシンドバッドとジャーファルの会話に静かに怒るモルジアナかわいすぎです。
誰よりもアリババの力を心から信じてる。
モルさんにはアリババがあのイメージカットのように王子に見えてるんでしょうねw

モルさんの言葉を聞いて考えを改めるシン。
もうモルさんがアリババの嫁すぎるwwへたれな旦那としっかりした奥さんのようですw


●カシムとアリババ
「次会う時は敵だ!」

カシムは王族達を倒すためには国民にいくら犠牲が出ようが構わないと。
アリババは今までカシムを同じ目的のために戦ってる仲間だと心から思ってましたが、やはり2人は相容れない関係にあるようです。

死人を出さずに国民を全員助けたいというアリババと、犠牲が出ても構わないというカシム。
これが決定的な2人の違いですね。


●修行
「力が必要なんだ この国を守るために!」

カシムとの対峙によりアリババはついに決意。目が変わりましたね。
そして1人王宮に乗り込むアリババ。
それに勘付くモルジアナはさすがです。


●アリババ覚醒
「前に進むって、決めたじゃねーか!!」

この後のアリババさんはもうどうしちゃったんだってぐらいかっこいいですw
すごく頼りがいがある。

きっとアリババは1人じゃなんにもできなかったでしょうね。
アラジンがいて、モルジアナがいて、シンがいて、初めて自分に自信が持てたようです。
そんな描写が素敵すぎる。

そしてアモンの剣完成!
かっこいい!これぞ主人公です!


●描き下ろしおまけまんが~バカと姫君と従者のバルバッド珍道中~
なにこれ!萌える!この3人の掛け合い楽しすぎる!

まず紅玉が女の子すぎてかわいい。
普通の女の子と同じようなこといっぱいしたいんでしょうね~。

そしてジュダルさんが好きすぎるw
なにこの人!こういう人大好きですw

姫様の乙女な発言を聞いたジュダルと夏黄文の顔がいい。
そして紅玉をよしよしするジュダルに萌えたw

あーかわいい!仲良しですね~。
アラジン、アリババ、モルジアナが同じように占いをしているカットもありましたがこの3人の占い結果も気になる!




6巻もすごく良かったです。
自信が持てないアリババが周りの人に助けられ、決心するまでの描写がすごくいい。

アラジン不在の中、アリババがどれだけ頑張るのか、今後も楽しみです!



⇒マギ(1)(2)感想
⇒マギ(3)(4)感想
⇒マギ(5)感想






関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/372-047d1a03

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。