HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 花とゆめ

花とゆめ<4号>感想

「声優かっ!」「学園アリス」「モノクロ少年少女」「俺様ティーチャー」「星は歌う」「神様はじめました」「暁のヨナ」「いじわるですけどなにか?」のネタバレ感想です。


●声優かっ! voice.33
巻頭カラー。かわいらしい。色も好きだしこういう線の細い絵も好き。

やっぱり姫に来た仕事はBLCDの仕事でした。
しかもキスシーンがあると。
そういう世界を知らない+免疫のない姫は真っ赤に。
姫が悶絶してるの見て超楽しそうな山田PドSかっこいいw
最後は若干イラッとしてたけどw

参考のためにBLCDを聞く姫ですが、耐えられずw
いきなりこれはハードル高いですねw
でも声優さんですからね。これは必ず通る道です。

気晴らしのために見た瑞希と周麻出演のDVDを見る姫。
しかしそこでも瑞希のキスシーンがwそしてちょうどそこに瑞希が訪問。
最近個人的に瑞希の好感度がうなぎのぼりです。
最初は何考えてるかわかんないただのいい人って感じだったけど、すごく変わった気がします。
今回の最初の登場コマの瑞希大好きですw

キスシーンは緊張したかと尋ねると、瑞希は「え あるわけないじゃん 仕事だし」とけろり。
完全に割り切っているようです。

そして瑞希は「ファーストキスもまだだから戸惑う」という姫に、「じゃあ僕としてみようか」と満面の笑み。
ぐはっ!眼鏡外した瑞希先輩かっこいいww
キスしようとした瑞希ですが、真っ赤になって震えている姫を見て、瑞希はキスを口からおでこに切り替え。
きっと瑞希にとってはキスってそんなに大したことじゃないことだったんでしょうね。
でも姫のことを見てたら、こんな風にキスしてはいけないと思ったと。

瑞希先輩の言葉を聞き、気持ちを切り替える姫。
「瑞希先輩のおかげです」と笑う姫を見た瑞希の表情がすごくいい。
キュンですね。
瑞希は姫の力になりたくてしょうがないようです。

でも姫が思い出すのはいつも千里のことなんですよね。
千里に言われたことを思い出して自分を奮い立たせてます。
そんな姫を見た時の瑞希先輩の心情。これは完全に…。

そしてキスシーンの相手役。
それがなんと、千里だったことが判明wこれは面白くなってきましたw
千里はシロのこと大好きですからねw
どうなるか楽しみです。



●学園アリス 第142回
蜜柑の週1の初校長との対面。
柚香がの自分の中に入れた有害なアリス石を蜜柑に取り除けと初校長。
しかし蜜柑はそれをきっぱりと断ります。
この強い目がいいですね。

翼先輩も危力系に残留かぁ。。
心配だけど棗の近くにいてくれることはちょっとありがたいですね。
翼先輩は棗のことも蜜柑のことも本当に心配なんだなぁ。
翼と美咲がイチャイチャしてて良かったですw
そしてそんな翼先輩に八つ当たりする棗w
そうですよね…。棗も蜜柑とイチャイチャしたいですよね…。

そして辛辣な蛍さん笑ったw「クズよね」ってww
やはりこの人が一番強いなw棗もキレてるけどなんも言えませんもんねw

ここでラプンツェルを出してくるとは。なんともタイムリー。
早く助け出してあげて欲しいですね。



●モノクロ少年少女 ♯38
今度は苦菜先輩サイド。そして今回は右京と呉羽がもう甘々ですね。
はぁ。。苦菜先輩もいい人だ…。そしてこちらも同じく切ない。

「どこにいたって 好きなものは好きなんです」
これは苦菜先輩に言った言葉だけど、呉羽自身の気持ちです。

そしてマーキングw
呉羽はわかってないですけどねw
真っ赤になる右京が良かった。しかもさりげ尻尾振ってるw



●俺様ティーチャー 第61回
人生で初めて負けた真冬。
今まで誰にも負けたことなかったんですね。

今まで負けたことのなかった真冬は、初めてボロボロになって負けたことで負けることが怖くなります。
早坂くんの後ろに隠れる真冬かわいい。普通の女の子みたいだ!
しかし早坂くん!真冬がおかしいことに気付けよ!w

真冬は自分に誰かが言った「強くなれ 真冬」という言葉を思い出します。
しかし誰が言ったのかを思い出せず。

こうやって見るとやっぱり真冬の相手は鷹臣くんなんじゃないかと思ってしまいますね~。
いい所に来るんだもんよ。
しかもやっぱり小さい頃からの繋がりがあるってのはでかい。

包帯のエピソードいいな。
鷹臣くんの不器用な優しさにキュンとします。



●星は歌う 最終回
これは…すごい終わり方だ…。
ここまでやってきてまさかこういう風に終わるとは思わなかったなぁ。

最終回はまるまる、サクラのお話です。
サクラがチヒロともう一度出会い、どうやって生きてきたか。
どうやって立ち上がったか。

やっぱりユーリって誰のことでも明るくできるんじゃないか?w
この人ホントすごいですよ。誰とでも仲良くなれるし。
こんな魅力的な人いないのに…と今更言ってみたりw
そして奏もサクラと会ってたんですね。あーこの人も素敵だ。

すごいですね。
サクとチヒロくんがどうなったかとか、それははっきりしません。
でもきっとうまくいったんだろうな、とにおわす感じ。
扉絵もサクラだし、最後だけ見た人はサクラが主人公だと思うでしょう。
いや、全編通しての主人公はもしかしたらサクラだったのかも。

これは賛否両論でしょうね。
でも私は良かったと思います。次回作期待してます。
そして最後の巻は誰が表紙になるんでしょうか。



●神様はじめました 第56話
なんで同じ奈々生なのに、中身が巴衛になっただけでこんなエロいオーラになるんだw
セクシーというかw美少女過ぎるww



●暁のヨナ 第30話「交渉」
緑龍の反応いいですね。
頭ではここから立ち去らなければと思っているのに、ヨナに触れられて、離れがたいと思ってしまう緑龍。
この目がいいなぁ。

ヨナはすぐにジェハが緑龍だとわかったようです。
「そんなに威嚇しなくても 大丈夫よ」とか、ヨナの言葉に驚いてる緑龍を見るとなんかもうこっちまでドキドキする!w
早く緑龍にもっともっとヨナの良さをわかって欲しいなぁ。

一緒には行かないと言う緑龍に、命令はしていないからとあっさり引き下がるヨナ。
しかしヨナはジェハが海賊だと知り、この町をどうにかしたいという理由で船長さんに会いたいと言います。
ヨナが海賊に会うと聞いて皆もついていくことに。皆ヨナ大好きですねw

そして久々にハクが日の目を見れたようで良かったですw
「お前は別よ」と真っ赤な顔で照れ照れで言うヨナかわいいなぁ。
そんなヨナを見てハクは超嬉しそうw
「別って?どう別なんです?」とか言いながら照れてるヨナを見て「かわいい」って思ってるハクはもうベタ惚れですねw

そしていよいよ一行はギガン船長と対面。
面取られて顔隠すシンアかわいすぎるww

それぞれに何が出来るかと問う船長。
しかしヨナだけが答えられず。
そんなヨナにギガン船長は試練を与えます。
いいですね。ヨナの真価が問われる時です。
これを期に緑龍もヨナの魅力をどんどんわかって欲しいですね。
「命がけの仕事」とはなんでしょう。楽しみです。



●いじわるですけどなにか? 読み切り
堤翔という先生の読み切り作品。
高校生の女の子と小学生の男の子のお話。

逆年の差ということでありがちな設定ではありますが、お話の作りがうまいです。
なにより表情がいいなぁ。
10代の作家さんだそうで。これからも楽しみです。



次号は「LOVE SO LIFE」が表紙で「俺様ティーチャー」が巻頭カラー。
そしてふじもとゆうき先生の新作読み切り、「そらのカケラ」が載るそうです。楽しみ。






関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/407-59e7160f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。