HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 白泉社

7時間目のラプソディー

7時間目ラプソディー (花とゆめCOMICS)7時間目ラプソディー (花とゆめCOMICS)
(2006/05/02)
田中 メカ

商品詳細を見る


『私 先生のことをまだ好きでもいいんですか?』

以下ネタバレ感想です。


【あらすじ】
藤堂倫子は高2のマジメで頼れる委員長。
そんな倫子が生まれて初めて意識した男性は担任の佐久誠。
なりゆきで青春大好き・おフザケ教師の佐久が開く、「恋愛相談室」に協力することに!?(裏表紙より)


【感想】
田中メカ先生の描く「教師と生徒もの」。
やっぱりこの人の漫画はギャグと切ない感じとキュンキュンがうまく織り交ざっていていいですよね。
そしてモノローグが素敵。


同じ先生でも『キスよりも早く』のまーくんとは一味違い、こちらの佐久先生はやんちゃっぽくて子供っぽい面があるというか。
先生というよりも学生っぽい。生徒達の友達みたいな感じなんですよね。
でもいざという時はやっぱりちゃんと「先生」で、そこがかっこいい。

ヒロインの倫子さんは純粋で真面目で皆に頼られるクラス委員。
最初は不真面目な先生に惑わされっぱなしだったけど、そんな倫子さんが先生のことを好きになってしまうと。

そして倫子さんのことを好きな正尾静くんもとっても良キャラ。
こういう一生懸命で熱血な男の子好きです。
この正尾くんの存在がまたこの2人をうまく動かしていきます。


先生が茶目っ気満載で友達感覚ではあるのですが、やはり根底は「教師と生徒」なので、大きな壁や障害もあります。
しかしそれがどろどろし過ぎず爽やかに描かれているので、胸焼けしない。
先生も教師と生徒という一線を守りながらも、大事なところはしっかりと外さないので、見ていて常にニヤニヤしましたw

そして最後のシーンはやっぱりいい。
田中メカ先生の描くこういう決めシーンは本当に素敵です。

とても爽やかないい作品でした。


⇒お迎えです。(全5巻)感想
⇒7月の魔法使い 感想






関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/418-8b81a78a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。