HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 花とゆめ

花とゆめ<9号>感想

「モノクロ少年少女」「スキップ・ビート!」「LOVE SO LIFE」「学園アリス」「声優かっ!」「暁のヨナ」「はじまりのにいな」「俺様ティーチャー」「不老姉弟」のネタバレ感想です。


●モノクロ少年少女 ♯41
うおー。蝶々やりましたね。
うん。こんぐらいやったっていいと思います。

今回から皆2年生。
右京は茅と呉羽を見てヤキモチやきまくり。
茅の方が器用なので不器用な右京にはいろいろもどかしいんでしょうね。

そしてそんな右京の様子を見ているのが蝶々。
「蝶々には関係ない」という言葉を聞いて、蝶々が右京にキス。
右京のびっくりした顔が良かった。
関係はこじれるかもしれないけど気持ち伝えた方がいいですよ。

茅は蝶々の気持ちもちゃーんと接してますね。
呉羽は熱が出てダウン中ですが蝶々が右京にキスしたこと今後知るんでしょうか。



●スキップ・ビート! ACT.173 ワンダー・エモーション
敦賀さんの方が上手だったーーーー!!ww
「今すぐ どうにかしてあげようか…?」とかw
しかし外面ではこんな余裕綽綽な態度だけど絶対に心中は穏やかじゃないはず。
キョーコにああ言われて敦賀さんがどう思ったか知りたいなぁ。

そして久しぶりのショータロー。
風呂上がりかっけーすw
ショータローがあのキョーコの姿見た時の反応が知りたかった。
でも今回のは今後ショータローがまたキョーコの変身した姿を見るというフラグだと思うので楽しみにしています。



●LOVE SO LIFE 第42回
梨生と健くんラブラブですね!
初々しくて微笑ましいです。
「梨生」呼びになってたりちゃんと仲良くなってて良かった。

詩春におもちゃぶつけちゃった葵を茜が制裁したのに笑ったw
詩春は完全に松永さんを意識してるなぁ。
直くん。。そろそろ出てくるかな?



●学園アリス 第145回
前回ので甘々モード終わるかと思ったら今回それ以上とは…!w
まったくニヤニヤさせてくれますねw

蜜柑にこんなかわいく「待ってる」「だから無理だけはしないで」なんて言われたら棗はたまらないだろうなぁ。
棗は蜜柑や仲間のために自分を犠牲にするところがあるので、今回蜜柑がこう言ってくれたことにちょっと安心。

そしてイチャイチャタイムw
ここでアリスストーンを渡すとは。
自分で作った石を渡して「恋のアリスストーン伝説 これで完了!」と笑う蜜柑。
しかし棗に「プロポーズ」かと言われて赤面。
「これでお前は未来永劫 ずっと俺のもの」とか!トキめく!w

小学生で結婚の約束とは…。
つくづく棗は蜜柑大好きだなぁ。



●声優かっ! voice.38
前回の千里のターンから今回は瑞希先輩のターン。
そういえば瑞希先輩ってこんなに姫のこと好きでヤキモチやいたりしまくりなのにまだ自分の気持ち認めてないんだよなぁ。。

「食べたくなる」とか思ってるのになんで認めないんだ!w
「りんご飴に見えただけ」とか無理やり過ぎるでしょw

そして山田Pは山田Pでこの人らしい愛情があって素敵だなぁ。
愛のムチっていうか、厳しいけどものすごく愛情を感じる。

一方の千里はシロから届けられたりんご飴にきょとん。
そりゃあ郵便受けに刺さってたらわけがわからないでしょうねw
「おかげんいかがですか?」って文に疑問を感じてくれたりしないだろうか。
なんで風邪引いてたこと知ってるんだー的な。

とにかく髪ゴムの件はしっかり清算して欲しいです。



●暁のヨナ 第34話「勇気の連鎖
自分が人身売買の拠点に忍び込むというヨナの提案を全員が却下。
皆ヨナのことが心配でしょうがないんですよね。
特にユンがもう、ヨナが崖に行くことになった時もそうだったけど必死で止めててキュン。

ヨナだけじゃ無謀なのでもう一人女装しても男だとバレない奴を潜入させた方がいいとギガン船長。
そこで白羽の矢が立ったのがユン。
最初は行くつもりなかったのにヨナの「ユンは無理しなくていいのよ」な表情を見て一緒に行くことを決めたユン。
もうかわいいなぁ。無意識にちゃんと男の子なんですもん。
「めんどくさ」とか言いつつさりげなくヨナを安心させてあげてるところもかっこいいです。

結局危険なところに命がけで潜入することになったヨナとユン。
しかしハクは心穏やかなはずがないです。
この表情はやばい。
「縛りつけておきたくなんだよ」とかやばい。
ハクに抱き締められたヨナが赤くなってて良かった。
最近ちゃんと赤面してくれて嬉しいです。
ハクにはもうどんどん自分の欲を出していって欲しいですねぇ。

潜入当日。
ちょっとおめかししたヨナと女装したユン。
女装したユンはやっぱり美人。
すごく気丈でいつも通り余裕で生意気なユンだけど、実は震えてる。
そんなユンにもうキュンです。
「俺が行くからには 絶対にヨナは死なせない」って顔がかっこよすぎた。
女の子の格好してるけどこれは男の子の顔ですね。

そしてとうとう潜入。
ユンと一緒ということでユンファンの私としては本当に嬉しい展開。
無事合図が送れるといいなぁ。



●はじまりのにいな 最終章
水森暦先生による年の差転生ロマンスの最終章。
新菜は成長して16歳です。

北海道に引っ越すことになって、篤朗に告白した新菜。
しかし篤朗は「お前を守ってやる自信がない」からと。
新菜は本当にいい子だなぁ。かわいくて明るくて強い。

もうまとめ方が素晴らしかった。
新菜が事故に遭ったと聞いた時の篤朗の動揺と言葉に涙出そうになりました。
「放したくない 今度こそ」って素敵だなぁ。

新菜が千歳だって本当はわかってるのに、それを新菜に言わないのがいい。
篤朗が新菜を抱き締めながら「新菜 新菜」って何度も名前呼ぶのがすごくいい。
「千歳」とは一回も言わないんですよね。
でもほんとはわかってる。もうそれにすごくすごく切なくなった。

いや~いいお話でした。
3話でこの読み応えがすごい。
最後の締め方で更に作品の価値がとっても上がりました。素敵だった。



●俺様ティーチャー 第65回
久々の番長登場嬉しい!
しかもあやべんと真冬が付き合っていると勘違いしてブチ切れるとか萌え!w

「自分俺の何やねん!!」とあやべんが真冬に聞くと「友達…かな…?」と照れ照れで答える真冬。
そんな真冬の答えに怒りつつ顔赤いあやべんかわい。
そして「じゃあ知り合い」って言われて若干不服そうなのかわい。

真冬のおかげであやべんは兄弟達と再会。
そして本当は自分の居場所がちゃんとたくさんあったということに気付きます。
あやべんの兄弟達は皆かわいいなぁ。
特に梅次の純粋アホっぷりにやられたw

そして生徒会に帰って来たあやべん。
雅がなんだかんだ生徒会メンバーのこと理解しててかっこいい。



●不老姉弟 最終回
水無月くん本当にいい子でいいキャラだったのに…。
ほんのり泣けていいお話な作りがとてもいい。

これは連載してもいいと思うなぁ。
もしくはこの先生の他の作品が読みたい。



次号からは幸村アルト先生の「六百頁のミステリー」が集中連載スタート。
ほんとあの別冊付録のメンバーで連載回すんですね。
評価良かった人のを本格連載させるとかかな?






関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/440-1d516d24

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。