HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 別冊マーガレット

別冊マーガレット<6月号>感想

別冊 マーガレット 2011年 06月号 [雑誌]別冊 マーガレット 2011年 06月号 [雑誌]
(2011/05/13)
不明

商品詳細を見る


以下ネタバレ感想です。


●アオハライド PAGE.5
今回からいよいよリーダース研修。
中学生の頃と変わったと思ってた洸の優しさや魅力に触れる双葉。
双葉はもう既に洸のこと意識しまくりですね。
まぁ確かにこんな風にいろいろさりげなく助けてくれちゃったりかばってくれたりしたら惚れちゃいますw

ストロボの時同様、やっぱりこの人は何気ないキュンキュンドキドキシーンを描くのがうまいですね。
しかし双葉が洸の髪にちゅーするのは若干唐突じゃなかろうか。
気持ちが最高潮に達したのはわかりますが、双葉にはもっと奥手であって欲しいなぁ。
キャラもなんか変わりつつあるし。

そして最後に洸から核心に迫る質問が。
「お前さぁ 俺のこと好きなの?」と。
まったくストレートな男ですねw
洸の真意はどうなんでしょう。双葉がそれでもし好きだと言ったらどうするわけ?
洸の考えてることはいまいちわかりにくいのでどういうつもりなのかわかりません。
でも洸は洸で双葉になんらかの感情があるのは事実。
昔大好きだった人なわけですから。

次回どうなるか楽しみ。
双葉がはぐらかすか誰かが来るかになる気もしますが。



●シトラス ♯8 蒼馬の胸のうち
もう…!もう…!!本当に素晴らしい回だった!本当に悶えました!
今回はいよいよ蒼馬くんの回。
ずっと待っていただけあって感動も一入です。
しかも想像を飛び越えて内容が素晴らしかった。感動しました。

蒼馬くんがなんでこういう風になってしまったかっていうのが本当に中学生らしくて切なかった。
出来のいいお兄さんと比べられて、っていうのはよくあるかもしれません。
でもその後の追い込まれ方がもう、中学生の不安定な時期ならではのリアルさがあってすごかった。
全部全部、そんなつもりじゃないのに、全てがうまくいかなくて、人を傷付けてしまって。
そうして自分も傷付いて追い込まれていく蒼馬くんの姿が、見てて辛いけどとても良かった。
こういう風な話が描ける香魚子先生を本当に尊敬します。

昔は崇と仲良かったというのは意外。
仲良かったっていうか崇が浮いてる蒼馬くんにも普通に話しかけてくれたと。
それを裏切ったような形になってしまって、唯一話しかけてくれる人を失って、また追い込まれていったんですね。
でも携帯の件はしょうがないよなぁ。。
盗んだんじゃないのに…。
不器用で、大人ならどうにかなるようなことがどうにもならない。思春期特有ですよね。

そして志保と蒼馬くんですよ。
もうどんだけキュンキュンさせてくれるんですか。
志保を見つけただけでビクッってなる蒼馬くんに萌え。
しかも手の包帯を見てあそこまで焦って心配するってのにもう悶えまくりです。
文化祭がどうなったか真っ先に考えて、たまたま通りがかった崇にそれとなく文化祭はどうだったか尋ねる蒼馬くん。
聞きたいことは志保のことだけなのに、それとなく聞き出そうとする蒼馬くんに萌えました。

それにしても…普段だったら負い目があるから崇になんて絶対話しかけないだろうに。
それでも話しかけて聞くぐらい心配だったんですね。
「あいつ」って心の中で志保のこと呼んでるのにもやられます。
普段からいつも志保のことこうやって気にかけてるんだろうなぁ。

そして噂話で志保がドアに手を挟んで怪我をしたということ、ピアノを大失敗したということを聞く蒼馬くん。
それを聞いた時の蒼馬くんの表情がもう…。
蒼馬くんは誰よりも志保のピアノが好きで成功して欲しいと思ってたわけですからね。
そりゃ責任感じるよなぁ。。

この歳で自分はいない方がいいとか、誰からも必要とされていないって悟っちゃうのは悲しいですね。
そして無意識に崖から飛び降りようとしてた蒼馬くん。
次のページで志保が蒼馬くんの制服の裾を引っ張ってるのを見て本当に鳥肌がたちました。
ここで蒼馬くんを救ってくれたのが志保で本当に良かった。
素敵だなぁ…。

どこまでも底抜けに明るくて、失敗しても前向きに生きている志保の姿に触れた蒼馬くん。
志保のピアノをだめにした自分を責めて欲しくて文化祭を失敗した話を持ち出す蒼馬くんに対して、志保は笑顔で「悪いことばかりじゃなかった」「またうまく弾けるようになりたい」と。
蒼馬くんには志保が眩しくてしょうがないだろうなぁ。

「何かせんでも明日がくるのと同じようで 悩んでも嫌になっても 関係なしに傷は治っていきよるから それ見てたら 後ろ向きになるのは損なのかなって」
志保の言葉を聞き、自分を変えられるのではないか、今の状況を変えられるのではないかと思うことができた蒼馬くん。
そして蒼馬くんはお母さんの病院に行き、ほんの少しだけ変えることができました。
こうやって少し勇気を出して頑張ってみるだけで、案外道は簡単に切り開いていったりするんですよね。
それに気付くことが出来た成長は大きい。
お兄ちゃんも素直じゃないだけで蒼馬くんがこういう風にするのを待ってたんだろうなぁ。

本当に良かった。蒼馬くんが志保によって救われたのは確実です。
これで抱えるものが一応は取れた蒼馬くん。
いよいよ志保に頑張ることができるんじゃないですか!w
今回ので更に蒼馬くんの志保に対する気持ちは特別になっただろうし、誰かに好かれたいという思いを強く持っているわけですから。
次回以降楽しみです。しばらくはこの2人の話で進めて欲しいなぁ。

本当に素晴らしい回でした。
別マ買って本当に良かった…!



●少女少年学級団 episode♯32
健兄好きの方の方が圧倒的に多いようなのですが、私は断然渡派なんですw
最近の傾向を見てると遥の相手が健兄になりそうな感じですが、希望を捨てずにいたいですw
でも遥が渡を好きになるところって想像できないんですよね…。
まったくそういうシーンがないので悲しいです…。

そして勇馬くんも猛追。
攻める男ですねw
遥もまんざらでもない様子だし、まら一波乱起きそう。



●君に届け episode58
やっぱりキスは未遂かぁ~~。
誰かが来る展開だろうな、とは思ってたけどあやねなのは意外でした。
それにしても2人ともぎゅ~って目つぶってるのがかわいいですね。
近いです。ほんとに近いです。
キス1つ(しかも未遂)でこんなにドキドキさせてくれるとはw

風早くんはずっと我慢してたんですね。
そりゃあ男の子ですもんね。

結果的に未遂でしたが、ここまでキス一つでテーマを絞り込むってことは、今回最終的にはキスしそうですね。
しっかしあやねちゃんが心配です。
でもここで存分に悩むべきですね!そして本当に人を好きになるという気持ちを見つけて欲しいです。
そしてそして相手はピンであって欲しいです。



●360°マテリアル ♯16―部活紹介―
かねてから濃厚だった丸井と茜ちゃんのフラグが今回確実なものに。
どっちかというと美桜より茜ちゃんみたいな子の方が好きなので嬉しいです。

丸井がバスケしてるとこ見て、意外な一面を見て、最後に「茜!」と呼ばれたのがトドメとなって、茜ちゃんはやられちゃったようですね。
でも素直じゃないのでどうするか楽しみですね。
茜にちょっかいかけてた男の子は今後も出そうな予感です。






関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/458-5316af86

コメント

お久しぶりです。
相互リンクさせて頂いてるちょこちょことまんがれびゅ~!!ですが
ブログ名が変わりURLも変わったのでお手数ですがご変更お願いいたします。
新しいブログ名は「まったりとまんがれびゅ~!!」です。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。