HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 講談社

青春★オノマトペ(1)

青春★オノマトペ(1) (KC KISS)青春★オノマトペ(1) (KC KISS)
(2012/01/13)
江本 晴

商品詳細を見る


アニソン×恋愛=青春!
女子高生×オタク男子のアニソンバンド物語!

以下ネタバレ感想です。


【あらすじ】
富士ユキオ、16歳。あかるく元気な女子高生。
高一の夏、ユキオはバイトに学校、友達とのおしゃべり…楽しい毎日を送りながらも、心のどこかでは、むずむずするような不完全燃焼な気持ちを感じていた。
そんなユキオの今の一番の楽しみは、バイト先のパン屋さんに来るお客さん・ノンダさんと話をすることと、動画サイトで見つけた天才的ギタープレイヤー「木T兄さん」の動画を見ること。どちらもユキオにとって至福の時間だった。
しかし、ノンダさんには奥さんがいると知ってしまったことで、目の前は一瞬にして真っ暗に…。
女子高生にとって失恋は一大事件。
絶望の淵に立たされたユキオの目の前に現れたのは、ギターを背負ったオタクだった!?(裏表紙より)


【感想】
kissを立ち読みして面白かったので購入。
動画サイト、いわゆるニコニコ動画が題材になってます。
ニコ動が主軸の少女漫画ができるだなんて。
こういう時代だからこそリアリティーがありますね。

何か大きな事件が起きるとか、大きく物語が展開するというわけではなく、ゆるゆると流れる等身大のお話。
主人公ユキオも特に何か秀でたものがあるわけではなく、本当に普通の女の子。それがまたリアルで日常的。
しかしこのゆるゆるした感じがとっても好きです。
ふわふわした日常。日常の中のちょっとした変化。青春。
このなんてことない日々の雰囲気がなんだかいいんだよなぁ。

あらすじでオタク男子と称されているのがヒノッチこと佐渡檜。
オタクっぽくはないのですが、隠れアニソン好きで、草食っぽい。これぞ新しい現代男子の種類という感じ。

とあるきっかけでユキオはヒノッチとバンドを組むことに。
大きな何かがあるわけではないのですが、この2人の距離がだんだんと近くなるのがいいですね。
決定的なエピソードとかドキリとしあう描写は少ないのに、お互いがお互いを意識していっているのがわかる。


新人作家さんということでまだ荒い感じはありますが、才能を感じます。
なんだか独特の雰囲気がある。
このゆるゆるふわふわな物語がどう展開していくのか、とっても楽しみ。





関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/484-57fd3ee5

まとめtyaiました【青春★オノマトペ(1)】
青春★オノマトペ(1) (KC KISS)(2012/01/13)江本 晴商品詳細を見るアニソン×恋愛=青春! 女子高生×オタク男子のアニソンバンド物語!以下ネタバレ感想です。

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。