HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 小学館

ロッカメルト(1)(2)

ロッカメルト 1 (Cheeseフラワーコミックス)ロッカメルト 1 (Cheeseフラワーコミックス)
藤間 麗



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

イケメンなのは認めるけど…
雪男ってどういうことですか――!?


イケメン×雪男のひんやりトリプルラブコメ第1巻!


以下ネタバレ感想です。



【あらすじ】
ある日突然、イケメン兄弟の凍冴&雪也と同居することになった一夏。
そのうえ、どちらかと結婚しなくちゃいけないことに!?
しかも彼らは、“雪男”で……って、ちょっと待って!
ホント、ありえないんですけど――!?(裏表紙より)



【感想】
黎明のアルカナの藤間麗先生の最新作。

イケメンの兄弟と実は許嫁で、どちらかと結婚しなくてはいけない、しかも突然同居!という少女漫画の王道パターンなのですが、
そこに“雪男”というエッセンスが加わっています。



「実は彼らね… 雪女の息子さんなの。」

イケメン兄弟と突然同居――!?ということでその理由も彼らが雪男であることなのですが、そこらへんの前座やバックヤードがあまり練られていないので、少し置いてけぼり感が…。

せっかくの設定なのだから、もう少し練られた過去や秘密がほしかったです。
そういうのを抜きにしたラブコメ!!という角度で見ればいいのでしょうが、なんか唐突感が否めないんですよねぇ…。

あとはどうしても画面の白さとギャグ顔の多さが目立ってしまいます。
アルカナもまぁそうだったけどあちらの方がまだ書き込まれていたような。



「許嫁とか言いふらさないでよね。」
「言うわけないだろ。俺だって嫌だよ。」
しかし藤間先生の描く男の子達はやっぱりイケメン。

お兄ちゃんの凍冴はチャラさ全開のイケイケキャラ。
弟の雪也は女嫌いで無愛想な不器用キャラ。
どちらとくっつくか?ということを主軸に話は進みますが、まぁこれは1巻の時点でも雪也とわかります。

最初はお互い嫌悪していた一夏と同居ならではのハプニング等を経てだんだんと距離を縮めるのですが、男の子の照れ顔というのはやっぱりいいです。

しかし正直一夏にあんまり魅力がない。
男の子達がだんだんと惹かれていくという過程には、やはり女の子の性格やなんらかの言葉、行動が必要だと思うのですが、それが少々弱いというか…。
主人公が雪也達のことを「化け物」と連呼してしまうのはいかがなものなのか。
もう少し兄弟が一夏に惹かれる決定的な理由がほしいですよね。






ということで2巻も買いましたが、ストーリー重視の方にはあまり向かないかもです。
軽い気持ちで読めるラブコメとしては、皆イケメンですし、いいのかも。







関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/499-b487db61

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。