HOME > スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME > 講談社

私がモテてどうすんだ(1)(2)

私がモテてどうすんだ(1) (講談社コミックスフレンド B)私がモテてどうすんだ(1) (講談社コミックスフレンド B)
ぢゅん子



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4人のイケメンモテまくる!?
腐女子リアル乙女ゲーな展開に困惑中!


以下ネタバレ感想です。



【あらすじ】
私、芹沼花依。男の子同士が仲よくしているのを見たり妄想するのが大好きないわゆる腐女子。
ある日、愛するアニメキャラが死んだショックで体重が激減。
すると、校内の4人の美男子からデートの誘いを受けちゃった!
私とじゃ萌えないのに…。まさかのモテ期でどうすんだ――!!?(裏表紙より)


【感想】
BL作家さんが作者ということで、それを見事に生かしまくったハイテンションラブコメ。
これは難しいことを考えながら読んではダメですねw


「ウヒョ―――ッ 5×7ツーショットキタコレ――――――!! 」

 
あらすじにもある通り、花依はアニメだけではなく現実の男の子でもカプ妄想してしまう程の重度の腐女子なのですが、好きなアニメキャラが死んだことで(笑)激痩せし、美少女に。

もうのっけから、んなバカなwという展開で飛ばしまくってます。
痩せただけであんな美少女になるのか!?とか、痩せた途端男の子達にベタ惚れされるとか…皆結局顔なの!?とか、この作品にそういうことを突っ込んでは負けな気がしますw

題材通り乙女ゲーのごとくイケメン揃いです。



「待てよてめぇ 芹沼にはオレが――」
チャラ男系 七島くん


チャラ男というか、ヤンチャ系のツンデレです。
こういうツンデレキャラが赤面したり、花依のことをあり得ないと思いつつもベタ惚れになってしまう様子はやっぱり萌えます。
シオンに似ているのは七島くんだし、最後は七島くんなのかなぁ。
でもこの漫画にそういう終わりを求めていいのか…?笑


「芹沼さんが好きだから」
スポーツ系 五十嵐くん


爽やかスポーツ男子。
さらっとぐいぐい来ちゃう意外に肉食系なところが素敵です。
一番押せ押せかも。
花依が太っている時も割と態度が優しかったのは得点高いです。
皆に優しくてクラスの人気者な感じ。


「雑に扱っちゃダーメ 大事なものなんでしょ?」
サブカル系 六見先輩


ぼーっとしているようで一番鋭く、意外に抜け目ない。
体重が変わろうと変わるまいと態度が全く変わらず、尚且つ体重が痩せた花依を花依と真っ先に気付いた人。
花依にとっても刺激的過ぎる環境の中の唯一の癒しです。


「いえっ こ、これくらい せ、先輩のためなら」

優等生系 四ノ宮くん

赤面ツンツンわんこキャラ。
言わずもがな、私が好きなのはこの四ノ宮くんですw
花依に見つめられたり何か言われる度に真っ赤になるのがほんとかわいい。
普段がツンツンなのでそのギャップがたまらないです。




ということで、作中でリアル乙女ゲーと称している通り、萌え要素をしっかり抑えた個性的なイケメン揃い。

これだけイケメンが揃えば1巻、2巻と様々なラブハプニングがあるわけですが、当の本人である花依が4人のカップリングのことしか考えていないので…w
進展とかは今のところ全くありません。
しかし常にハイテンションで繰り広げられるその食い違い位っぷりが面白かったです。

自分の恋愛には全く興味のない花依がどう変わっていくかが見所ですね。
そして男の子達も花依の容姿以外の魅力にどう嵌っていくのか。
今後も楽しみです。







関連記事
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://akahashi23.blog37.fc2.com/tb.php/505-29a6ea79

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。